↓応援クリックお願いします
 


↑チャント専用アカウント


↑サッカー情報配信用アカウント



2014年12月07日

【清水】李記帝と相澤貴志との来季の契約を更新せず

清水エスパルスは7日、李記帝及び相澤貴志と来季の契約を締結せず、今季をもって契約満了とすると発表した。

選手情報
●氏名:李記帝(リ・キジェ)
●ポジション:DF
●背番号:2
●出身地:韓国
●生年月日:平成3年(1991)7月9日
●身長/体重:174cm/73kg
●選手歴:
東国大学 − 清水エスパルス
●今季成績:
J1リーグ 7試合0得点
ヤマザキナビスコカップ 1試合0得点
天皇杯 5試合1得点

●氏名:相澤貴志(あいざわ たかし)
●ポジション:GK
●背番号:21
●出身地:新潟市
●生年月日:昭和57年(1982)1月5日
●身長/体重:190cm/85kg
●選手歴:
新潟大附属新潟中 − 新潟江南高 − 川崎フロンターレ − セレッソ大阪 − 川崎フロンターレ − 町田ゼルビア − 清水エスパルス
●今季成績:
J1リーグ 5試合0得点
ヤマザキナビスコカップ 1試合0得点
天皇杯 1試合0得点
posted by 日本サッカーサポーター at 23:35 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【Jリーグ】村井満チェアマンがJ1昇格プレーオフ後にコメント

Jリーグの村井満チェアマン(会長)がJ1昇格プレーオフ後にコメントを発表した。

以下、コメント

「35,504人という大変多くのお客様にご来場いただいた。準決勝の山形のGK、山岸選手のゴールでより注目度が上がったのではないか。首都圏での開催であったが、千葉からも山形からも多くのサポーターにいらしていただいた。感謝申し上げたい。
お客様も熱い戦いを見ていただけたのではないか。

今年もとても見応えのある試合だった。引き分けが許されない、勝たなくてはいけないという方が、果敢に攻撃を仕掛ける醍醐味が見られる試合展開となった。

足が半歩早く出るとか、攻守の切り替えが早いとか、時間を上手に使い、非常にスピーディな試合だった。どちらが先制点を取ってもどこでどうひっくり返るかわからないという中で、遅延行為も見られず、無駄な動きもなくどんどん縦にパスを出す、いいサッカーであった。
昇格を決めたモンテディオ山形の石崎監督は、クラブ訪問をした際に、誰よりも早く練習場に出てきて最後まで残っている姿が非常に印象的であった。そうした姿勢が今日の結果につながったのではないか。おめでとうございます。

プレーオフも3年目となり、こうした一発勝負の戦いもあるということがサポーターにも理解されつつあるのではないか。ただし、昇格するチームは、戦力強化をしたりしっかり準備することが求められる。実力がつけば天皇杯やACLもある。昇格して終わりということではない。
一方で、J2にはJ1経験クラブが非常に多くなった。磐田や千葉は残念であったが、決して実力がないわけではない。こうした入れ替えがJ2の底上げにつながっているともいえる。

公益社団法人 日本プロサッカーリーグ
チェアマン 村井 満」
posted by 日本サッカーサポーター at 22:51 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【Jリーグ】第34節ノミネートゴールを発表

Jリーグは6日、第34節ノミネートゴールを発表した。

大久保嘉人(川崎フロンターレ) 対ヴィッセル神戸戦 得点時間:前半11分
高橋義希(サガン鳥栖) 対鹿島アントラーズ戦 得点時間:前半6分
永井謙佑(名古屋グランパス) 対 浦和レッドダイヤモンズ戦 得点時間:後半44分
posted by 日本サッカーサポーター at 22:47 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【移籍情報】北九州へ期限付き移籍した大谷幸輝が浦和へ復帰

ギラヴァンツ北九州と浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)は7日、北九州へ期限付き移籍していた大谷幸輝が浦和へ復帰すると発表した。

浦和でのコメント
「来シーズン、ギラヴァンツ北九州から浦和レッズに復帰することになりました。今シーズンは一年間試合にフル出場させてもらうことができて、とても良い経験となり、少し自信もつきました。来シーズンからは、再び浦和レッズでプレーし、少しでもチームに貢献できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」

北九州でのコメント
「一年間でしたが、ギラヴァンツ北九州というチームにいることができたことが嬉しく思いますし、いい経験ができました。クラブに対して感謝もしていますし、ギラヴァンツ北九州というチームが大変好きになりました。来シーズンは浦和レッズに戻りますが、これからも応援してもらえたら嬉しいです。ありがとうございました。」

選手情報
●氏名:大谷幸輝(おおたに こうき)
●生年月日:平成元年(1989)4月8日(25歳)
●出身地:熊本市
●身長/体重:185cm/80kg
●ポジション:GK
●サッカー歴:
タイケンSC熊本 → ブレイズ熊本 → リベルタ北熊本 → ベアーズFCエスパーダ → ランザ熊本 → 浦和レッズユース → 浦和レッズ → ギラヴァンツ北九州
posted by 日本サッカーサポーター at 22:41 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【移籍情報】長崎へ期限付き移籍していた岡本拓也が浦和へ復帰

浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)とV・ファーレン長崎はは7日、長崎へ期限付き移籍していた岡本拓也が浦和に復帰すると発表した。

浦和でのコメント
「来シーズン、浦和レッズに復帰することになりました。1年半長崎でプレーし、多くの試合に出場させていただき、とても貴重な経験を積むことができました。成長した姿をお見せし、チームに貢献できるようにがんばります」

長崎でのコメント
「このたび、レンタル期間を終えて浦和レッズへ戻ることになりました。V・ファーレン長崎での1年半は、自分にとって非常に大きな経験だったと思います。これから先、この経験を生かして選手としてもっともっと成長できるように頑張ります。ファン、サポーターの皆さま、応援ありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします」

選手情報
●氏名:岡本拓也(おかもと たくや)
●生年月日:平成4年(1992)6月18日(22歳)
●出身地:さいたま市
●身長/体重:174cm/71kg
●ポジション:DF
●サッカー歴:
道祖土サッカー少年団 → 浦和レッズジュニアユース → 浦和レッズユース → 浦和レッズ → V・ファーレン長崎
posted by 日本サッカーサポーター at 22:32 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

讃岐が残留した事で「前田の呪い」は終わったとネットで話題に

Jリーグのジンクスに「前田の呪い」あるいは「前田のデスゴール」というが囁かれていた。

それはジュビロ磐田に所属している前田遼一が、そのシーズンで初ゴールを決めた相手を降格させるというジンクスだ。

ジンクスの始まりは平成19年(2007)のヴァンフォーレ甲府が最初の餌食となった。それ以降は東京ヴェルディ、ジェフユナイテッド千葉、京都サンガF.C.、モンテディオ山形と相次いでJ2に降格するという自体となった。

しかし、それらのチームはJ2経験があるチームだけであったが、その前田の呪いに箔をつけたのが平成24年(2012)であった。

前田がその年に最初に決めた相手はJリーグ優勝争いに常に名を連ね、J2降格経験もなく、その年の得点ランキング1位の67点を記録し、その前年も優勝争いをしていたガンバ大阪であったが、突如として残留争いに巻き込まれる。

最終的にG大阪は最終節で日本放送協会(NHK)の全国放送で前田の1ゴール1アシストでJ2降格を決めさせられてしまい、前田の呪いは6年連続で続くこととなった。

これにより、翌年の平成25年(2013)は、前田の呪いが注目されたが、当の前田は特に考えていなかったようであった。そんな中で前田の初ゴールの相手は浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)であった。

これにより、浦和が降格するのではという憶測が流れた一方で、過去の記録から前田の対浦和戦初ゴールは「デスゴール」ではなく「エンゼルゴール」であるとも言われた。というのも平成15年(2003)と平成17年(2005)は共に前田は浦和戦でシーズン初ゴールを決めたが、浦和はリーグ戦では6位・2位と残留しており、15年ではヤマザキナビスコカップ初優勝・17年は天皇杯を初優勝したからだ。

最終的に、その年の浦和はリーグ戦では6位・ヤマザキナビスコカップでは準優勝と好調な成績を残した。一方で前田の所属する磐田が17位で逆にJ2に降格してしまう自体となった。ネットでは「呪いが己にふりかかった」とも囁かれた。

そして今年、前田はカマタマーレ讃岐戦でシーズン初ゴールを決めたが、讃岐はJ2・J3入れ替え戦でAC長野パルセイロに勝利し、J2残留を決め、前田率いる磐田も降格することはなく、「前田の呪い」は終わったとされている。
posted by 日本サッカーサポーター at 20:46 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【FC東京】エドゥーの帰国便が決定

FC東京は6日、エドゥーの帰国便を発表した。

帰国便は8日、カタール航空QR0811便 0時15分 羽田空港発ドーハ行き。
posted by 日本サッカーサポーター at 19:55 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【FC東京】平山相太との契約を更新へ

FC東京は5日、平山相太と契約を更新し、来季の契約を締結したと発表した。

選手情報
●氏名:平山相太(ひらやまそうた)
●ポジション:FW
●生年月日:昭和60年(1985)6月6日
●出身:福岡県
●今季出場記録:
J1リーグ戦 19試合出場3得点
Jリーグカップ戦 6試合出場1得点
天皇杯 2試合出場2得点
posted by 日本サッカーサポーター at 19:54 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【移籍情報】湘南へ期限付き移籍していた熊谷アンドリューが横浜FMへ復帰

横浜F・マリノスと湘南ベルマーレは7日に、湘南へ期限付き移籍していた熊谷アンドリューが来季より横浜FMに復帰すると発表した。

熊谷アンドリューのコメント

横浜FM発表
「この半年間で自分が感じたこと、経験したことをF・マリノスに戻って、ピッチの上でしっかり表現したいと思います。
来シーズンは、F・マリノスのタイトルのために自分が力になれることを全力でやっていきたいと思います。」

湘南発表
「短い期間でしたが、熱い声援をいただきサポーターの皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。ベルマーレでは、選手一人ひとりから勝利へ執念をすごく強く感じました。チームメイトにはいつも助けてもらい途中加入でも本当にやりやすく、いい仲間に出会えたことに感謝しています。
また、一番の感謝ば監督に対してです。自分を信じて使ってもらったこと、選手として成長できるように様々なアドバイスをいただきました。
なかなか結果を出すことはできませんでしたが、自分のサッカー人生にとってプラスになる出来事ばかりでした。本当にありがとうございました。」

選手情報
●氏名:熊谷アンドリュー
●ポジション:MF
●出身:神奈川県
●生年月日:平成5年(1993)6月6日
●身長/体重:181cm/72kg
●血液型:B型
●経歴:
横浜F・マリノスプライマリー追浜 − 横浜F・マリノスジュニアユース追浜 − 横浜F・マリノスユース − 横浜F・マリノス − 湘南ベルマーレ
●今季出場記録:
J2リーグ 9試合0得点
posted by 日本サッカーサポーター at 19:42 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【浦和】関口訓充との契約が満了へ

浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)は7日、関口訓充との契約について満了となり、来季の契約を結ばないと発表した。

関口は退団に当たり
「今シーズンで浦和レッズを離れることになりました。2年間浦和レッズの一員としてプレーし、素晴らしい経験をさせていただき、感謝の気持ちで一杯です。この経験をこれからのサッカー人生に生かしていきたいと思います。本当にありがとうございました」とコメントしている。

選手情報
●氏名:関口 訓充(せきぐち くにみつ)
●生年月日:昭和60年(1985)12月26日生まれ(28歳)
●出身地:東京都多摩市
●身長/体重:171cm/66kg
●ポジション:MF
●サッカー歴:
永山FC → FC多摩 → 帝京高校 → ベガルタ仙台 → 浦和レッドダイヤモンズ
posted by 日本サッカーサポーター at 19:21 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【岡山】長澤徹コーチが新監督に就任

ファジアーノ岡山は7日、長澤徹コーチが新監督に就任すると発表した。

監督情報
●氏名:長澤徹(ながさわ てつ)
●生年月日:昭和43年(1968)5月28日
●出身地:愛媛県
●選手歴:
清水東高 − 筑波大学 - ヤマハ発動機/ジュビロ磐田 − 本田技研
●指導歴:
本田技研 コーチ - FC東京トップチーム コーチ - FC東京U-15深川 監督 - FC東京トップチーム ヘッドコーチ - FC東京U-15深川 監督 - FC東京トップチーム コーチ - 2013年 ジュビロ磐田トップチーム ヘッドコーチ - ジュビロ磐田トップチーム 監督 ヘッドコーチ - ファジアーノ岡山 トップチーム コーチ

posted by 日本サッカーサポーター at 19:15 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保坂のどか

氏名:保坂 のどか(ほさか のどか)
生年月日:昭和61年(1986)12月7日
出身地:山梨県
身長/体重:147cm/48kg
ポジション:MF
経歴:
埼玉栄高校 - 浦和レッドダイヤモンズ・レディース - 岡山湯郷ベル - ジェフユナイテッド千葉レディース
血液型:A型
趣味:散歩
ニックネーム(渾名):ほさ・にゃん
タグ:保坂のどか
posted by 日本サッカーサポーター at 18:49 | TrackBack(0) | なでしこリーガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【名古屋】ヘジスとの期限付き契約期間が満了へ

7日、名古屋グランパスはへジスとの期限付き移籍期間が満了となったと発表した。

選手情報
●氏名:ヘジス・ドス・サントス・シルバ
●出生地:ブラジル連邦共和国サンパウロ州
●生年月日:1989(平成元年)11月20日(25歳)
●ポジション:MF
●身長/体重:186cm/79kg
●経歴:
フォルタレーザ(ブラジル)→ セアラ(ブラジル)→ アトレティコ・ゴイアニエンセ(ブラジル)→ 名古屋グランパス
●今季出場記録:
J1リーグ 6試合0得点
リーグカップ 1試合0得点
天皇杯 1試合0得点
posted by 日本サッカーサポーター at 18:41 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【徳島】J2降格するも小林伸二監督との契約を更新へ

徳島ヴォルティスは7日、小林伸二監督と来シーズンも引き続き監督として指揮を執ることで合意したと発表した。

小林監督は徳島を通じて
「1年間、熱い応援をいただきましてありがとうございました。来年はJ2リーグで戦うことになりますが、チームと個人がレベルアップをして、今年経験した厳しいJ1の壁を打ち破ることが出来るような、J1でチャレンジできるようなチームをもう一度しっかり作りたいと思います。
来シーズンも徳島ヴォルティスの指揮を執ることができるということは、本当に光栄なことだと感じていますので、精一杯努力をしてこの仕事に精進し、1年でのJ1復帰に向けてクラブと共に邁進して行きたいと思います。ファン・サポーターのみなさま、クラブを様々な形で支えていただいているみなさま、来シーズンも引き続き応援よろしくお願いします」とコメントした。

監督情報
●氏名:小林 伸二(こばやし しんじ)
●生年月日:昭和35年(1960)8月24日(54歳)
●出身地:長崎県
●選手歴:
島原商業高等学校 → 大阪商業大学 → マツダサッカークラブ
●経歴:
マツダサッカークラブ コーチ - サンフレッチェ広島 コーチ - サンフレッチェ広島ユース 監督 - サンフレッチェ広島 強化部スカウト - サンフレッチェ広島 コーチ・ショナルトレセンコーチ 中国地域担当 - アビスパ福岡サテライト 監督 - 大分トリニータサテライト 監督 - 大分トリニータ 監督 - セレッソ大阪 監督 - V・ファーレン長崎 強化部長 兼アシスタントコーチ - アビスパ福岡 チーム統括グループ長 - モンテディオ山形 監督 - 徳島ヴォルティス 監督
posted by 日本サッカーサポーター at 18:30 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【J2・J3入れ替え戦第2戦】讃岐・木島良輔の決勝ゴールで残留を決める!長野は敵地で散る。

J2・J3入れ替え戦第2戦、カマタマーレ讃岐vsAC長野パルセイロ戦が7日、讃岐の香川県立丸亀競技場で行われた。

第1戦はスコアレスドローで第2戦はJ1昇格プレーオフとは違い、J2に入会条件には両チームとも勝利が絶対条件で、アウェイゴール次第では長野の勝利となる。また第2戦はJ2所属の讃岐のホーム扱いにより、J2ルールが適用された。

試合が動いたのは後半戦の後半26分、讃岐の山本翔平のロングパスに木島良輔が裏に抜け、相手GKの田中謙吾をかわして無人のゴールに蹴り込み、先制ゴールが決まる。

アウェイゴールを奪えば、勝利が転がり込んでくる長野だが、2試合を通して得点を奪えず、讃岐が6000人の監修の前でホームでJ2残留を決めた。

関連記事
【J2・J3入れ替え戦第2戦】カマタマーレ讃岐vsAC長野パルセイロの試合記録
posted by 日本サッカーサポーター at 18:14 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【J1昇格プレーオフ決勝戦】山形、4年ぶりのJ1昇格!千葉は無念の敗北

J1昇格プレーオフの決勝戦が7日、味の素スタジアムで行われた。

J1昇格にはジェフユナイテッド千葉は引き分け以上、モンテディオ山形は勝利が条件であった。プレーオフ制導入された平成24年(2012)以来、出場はしているが優勝を逃している。対する山形は初出場で初の決勝戦であった。

試合を動かしたのは準決勝でGK初ゴールを決めた山岸範宏率いる山形であった。前半37分、宮阪政樹がコーナーキックで直接ゴールを狙うが千葉のGK・高木駿が高木が弾く、しかし、その跳ね返りを宮阪がゴール前へクロスすると山崎雅人がヘディングで叩き込んで先制点を決めた。

これで千葉は1点以上決めなければならなくなったが、山形は山岸を中心にゴールを割ることを許さず、山形は2試合連続で頭で試合を決定付けて、4年ぶりのJ1昇格を決めた。対する千葉は3大会連続の敗退となってしまった。

関連記事
【J1昇格プレーオフ決勝戦】ジェフユナイテッド千葉vsモンテディオ山形の試合記録
posted by 日本サッカーサポーター at 17:55 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【J1昇格プレーオフ決勝戦】ジェフユナイテッド千葉vsモンテディオ山形の試合記録

ジェフユナイテッド千葉 0-1 モンテディオ山形
【得点】
山形:山崎雅人(前半37分)
【警告】
千葉:町田也真人(前半28分)
山形:山田拓巳(前半34分)、松岡亮輔(後半26分)、林陵平(後半45+4分)
【審判団】
主審:松尾一
副審:山内宏志、平間亮

【ジェフユナイテッド千葉】
GK 24 高木駿
DF 13 山口慶
DF 20 金R訓
DF 5 山口智
DF 17 中村太亮
MF 7 佐藤勇人
MF 16 佐藤健太郎
MF 33 幸野志有人 → MF 6 田中佑昌
MF 28 町田也真人 → FW 9 ケンペス
MF 8 谷澤達也
FW 11 森本貴幸
サブ
GK 1 岡本昌弘
DF 2 大岩一貴
MF 10 兵働昭弘
MF 26 井出遥也
FW 19 オナイウ阿道
監督
関塚隆

【モンテディオ山形】
GK 31 山岸範宏
DF 6 山田拓巳
DF 17 當間建文
DF 3 石井秀典
DF 13 石川竜也
MF 7 松岡亮輔 → DF 5 舩津徹也
MF 15 宮阪政樹
MF 22 金範容
FW 30 山崎雅人 → MF 24 ロメロ・フランク
FW 8 林陵平
FW 29 川西翔太 → DF 23 李周泳
サブ
GK 16 兼田亜季重
MF 10 伊東俊
FW 9 中島裕希
FW 11 ディエゴ
監督
石崎信弘
posted by 日本サッカーサポーター at 17:36 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【J2・J3入れ替え戦第2戦】カマタマーレ讃岐vsAC長野パルセイロの試合記録

カマタマーレ讃岐 1-0 AC長野パルセイロ(2戦合計:1-0)
【得点】
讃岐:木島良輔(後半26分)
【警告】
讃岐:アンドレア(後半18分)、山本翔平(後半31分)、武田有祐(後半37分)、瀬口拓弥(後半44分)
長野:佐藤悠希(前半33分)、有永一生(後半29分)、勝又慶典(後半32分)
【審判団】
主審:扇谷健司
副審:山口博司、穴井千雅

【カマタマーレ讃岐】
GK 24 瀬口拓弥
DF 22 武田有祐
DF 30 エブソン
DF 3 藤井航大
DF 2 小澤雄希 → FW 23 高橋泰
MF 4 沼田圭悟
MF 26 山本翔平
MF 25 岡村和哉
MF 20 アンドレア → MF 28 古田寛幸
FW 33 木島良輔 → FW 11 西野泰正
FW 10 高木和正
サブ
GK 1 森田耕一郎
MF 8 大沢朋也
MF 18 関原凌河
FW 9 我那覇和樹
監督
北野誠

【AC長野パルセイロ】
GK 31 田中謙吾
DF 18 川鍋良祐 → MF 11 畑田真輝
DF 3 大島嵩弘
DF 2 松原優吉
MF 15 西口諒
MF 25 有永一生
MF 19 向慎一 → MF 5 大橋良隆
MF 26 山田晃平
FW 13 勝又慶典
FW 10 宇野沢祐次
FW 7 佐藤悠希 → FW 9 高橋駿太
サブ
GK 21 金永基
DF 16 鮫島晃太
DF 20 野澤健一
FW 17 松尾昇悟
監督
美濃部直彦
posted by 日本サッカーサポーター at 17:30 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

斎藤翔太

氏名:斎藤翔太(さいとう しょうた)
ポジション:MF
生年月日:平成8年(1996)12月7日
身長/体重:167cm/61kg
代表歴:
U-16日本代表、U-17日本代表
経歴:
大宮早起きサッカースポーツ少年団 - 浦和レッドダイヤモンズジュニアユース - 浦和レッドダイヤモンズユース - 浦和レッドダイヤモンズ
タグ:斎藤翔太
posted by 日本サッカーサポーター at 15:16 | TrackBack(0) | Jリーガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鈴木雄斗

氏名:鈴木雄斗(すずき ゆうと)
ポジション:MF
生年月日:平成5年(1993)12月7日
身長/体重:182cm/70kg
代表歴:
U-17日本代表、U-18日本代表候補
経歴
横浜F・マリノスユース - 水戸ホーリーホック
タグ:鈴木雄斗
posted by 日本サッカーサポーター at 15:12 | TrackBack(0) | Jリーガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中島康平

氏名:中島康平(なかじま こうへい)
ポジション:FW
生年月日:平成元年(1989)12月7日
身長/体重:175cm/73kg
経歴:
立正大淞南高 - 福山大 - FC岐阜 - FC町田ゼルビア
タグ:中島康平
posted by 日本サッカーサポーター at 15:10 | TrackBack(0) | Jリーガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勝又慶典

氏名:勝又慶典(かつまた よしのり)
生年月日:昭和60年(1985)12月7日
ポジション:FW
身長/体重:174cm/69kg
経歴:
吉原高 - 桐蔭横浜大 - FC町田ゼルビア - 栃木SC - AC長野パルセイロ
タグ:勝又慶典
posted by 日本サッカーサポーター at 15:07 | TrackBack(0) | Jリーガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松下裕樹

氏名:松下裕樹(まつした ゆうき)
生年月日:昭和56年(1981)12月7日
ポジション:MF
身長/体重:174cm/72kg
経歴:
前橋育英高 - サンフレッチェ広島 - アビスパ福岡 - サンフレッチェ広島 - アビスパ福岡 - 川崎フロンターレ - アビスパ福岡 - ザスパ草津 - 横浜FC
タグ:松下裕樹
posted by 日本サッカーサポーター at 15:03 | TrackBack(0) | Jリーガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【Jリーグ】飯田淳平主審、J1通算担当試合100試合を達成

JリーグはJ1第34節、大宮アルディージャvsセレッソ大阪戦でJリーグ担当審判員の飯田淳平主審がJ1通算主審担当100試合を達成したと発表した。J1通算主審100試合達成は22人目だという。

審判員情報
●氏名:飯田淳平(いいだ じゅんぺい)
●生年月日:昭和56年(1981)8月14日
●出生地:神奈川県
●審判員1級登録:平成17年(2005)12月
●J1リーグ戦 主審初担当試合:
2009J1リーグ第7節(平成21年4月25日)清水エスパルスvs柏レイソル戦(アウスタ)
posted by 日本サッカーサポーター at 04:35 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【Jリーグ】横浜FM・中村俊輔がJ1通算300試合に出場達成!

Jリーグは6日、第34節で横浜F・マリノスの中村俊輔がJ1通算300試合出場を達成したと発表した。J1通算300試合出場達成者は75人目となった。

また横浜FMは300試合を記念して、記念ユニフォームとシューズ(2種類)を販売すると告知している。
posted by 日本サッカーサポーター at 04:30 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【Jリーグ】G大阪優勝に対して村井チェアマンがコメント

Jリーグのチェアマン(会長)の村井満はJ1リーグ王者のガンバ大阪にコメントを発表した。

以下、コメント

「ガンバ大阪の皆さん、2005年以来9年ぶりとなるJ1リーグ戦優勝おめでとうございます。
監督、選手、チームスタッフ、クラブ関係者をはじめ、ファン・サポーター、全ての関係者の皆様に心よりお祝い申し上げます。

今季のガンバ大阪は、開幕からFIFAワールドカップによる中断前までの14試合で4勝、16位と非常に苦しいスタートを切りました。しかし、中断明けとなる15節以降の20試合で15勝と驚異的な追い上げを見せ、見事J1を制覇しました。
J1昇格初年度での優勝は、2011年の柏レイソルに次ぐ2チーム目です。昨年のJ2での戦いを通じて逞しさを身に付けた若手選手と、チームを牽引してきた経験豊富な選手が融合し、ぶれない信念をもって日本サッカー頂点の戦いを追求し続けた姿勢が結実したものと、すべての関係者に心から敬意を表します。
今季はさらに記憶に新しいJリーグヤマザキナビスコカップでの優勝、そして、来週末に決勝を迎える天皇杯でもファイナリストとなりその勢いは止まりません。
関西に位置し、育成に定評のあるガンバ大阪の躍進は、国内におけるJリーグへの関心を拡げ、また全国から優秀な選手を輩出する環境整備という意味においても、大変喜ばしいことです。

来シーズンには、いよいよ新しいホームスタジアムも完成します。
アジアにガンバ大阪ありといわしめる存在となるよう、Jリーグでの活躍とともに、ACLの奪還も心から期待しています。そして、ガンバ大阪がピッチ内外において名実ともにサッカー界を牽引するクラブとして輝き続けるよう、心から祈念いたします。

公益社団法人 日本プロサッカーリーグ
チェアマン 村井 満」
posted by 日本サッカーサポーター at 04:23 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【G大阪】東口順昭の優勝後のインタビュー

東口順昭はガンバ大阪の優勝後、インタビューに応じた。

アナウンサー
優勝おめでとうございます

東口順昭
ありがとうございます

アナウンサー
待ってる間、何か思いがこみ上げてきたんじゃないですか?

東口順昭
そうですねーもうシーズン序盤はほんとに苦しくてチームメイトたちともちろん家族もサポーターもそうですけど、1個ずつ乗り越えてきた結果が優勝と言う形ですごい嬉しいです。

アナウンサー
東口選手も新潟からタイトルを取るためにガンバに来たとおっしゃっていましたが?

東口順昭
そうですねーまだあと1つあるのでもう1つとって三冠を目指していきたいなと思います

アナウンサー
今シーズンを振り帰っていただきたいんですけど、東口選手のスーパーセーブなんかも飛び出して非常に活躍が目立ったと思いますいかがですか?

東口順昭
ディフェンスラインが体張って頑張ってくれたので、コースとかも限定できて、ただ取るだけなので、チームメイトに感謝したいです

アナウンサー
今年のチームの強さ東口選手から見てどう思いましたか?

東口順昭
まぁどんな選手が出ても、結果が残ると言うところが1番強みだと思います

アナウンサー
三冠目に向けて意気込みをお願いします

東口順昭
今日はまず喜んで明日からしっかり切り替えて三冠目目指して頑張りたいなと思います

アナウンサー
最後にサポーターに一言お願いします

東口順昭
ありがとうございました
posted by 日本サッカーサポーター at 04:14 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【G大阪】宇佐美貴史、優勝後のインタビュー「皆さんのお陰で取れた優勝」

ガンバ大阪の宇佐美貴史は優勝後、インタビューに応じた。


アナウンサー
優勝おめでとうございます

宇佐美貴史
ありがとうございます

アナウンサー
目に光るものがありますね?

宇佐美貴史
まだ実感はないんですけど、実感が湧いてから嬉しいのかなあと思います。

アナウンサー
結果を知った瞬間笑顔が弾けたと思うんですけど、やはり少し時間が経つと思いがこみ上げてきたんでしょうか?

宇佐美貴史
そうですね、まだでも完全に優勝したと言う感じではないですけど、実感が沸くまで待ちたいなと思います。

アナウンサー
今日は難しい試合となりましたね?

宇佐美貴史
そうですねープレッシャーもあり、相手の戦い方もあり、勝って決めてれば1番良かったですけど、最終的に優勝できてよかったです。

アナウンサー
今年はご自身でチーム最多の10得点上げました。振り返ってみていかがですか?

宇佐美貴史
まだまだ取れたと思います、まだまだ取らなければいけなかったと思いますし、満足せずに1試合1点取るぐらいの選手になりたいなと思います。

アナウンサー
そして今年はJ1の舞台で宇佐美選手自身も何か期するものを持って、望んだ舞台だと思います。如何でしょうか?

宇佐美貴史
そうですねタイトル取りたいと思って今シーズンを戦って、序盤は苦しいシーズンでしたけど最終的に、こうやってみんなでタイトル勝ち取れて、ほんとに嬉しく思います。

アナウンサー
今シーズン、中断明けから非常にチームが
一丸となって戦っていたように思います。そのチームの強さ、改めてと言う所だったでしょうか?

宇佐美貴史
僕だけじゃなくて出てる選手だけじゃなくて出れない選手がほんとに、変えられたらほんとに結果を出して、全員でここまで来たと思います強いチーム全員で、チームの総合力で他を上回ったかなと思います。

アナウンサー
次は三冠目、やはりとりたいですね?

宇佐美貴史
そうですね最後をとって気持ちよく終わりたいなと思います。

アナウンサー
最後、サポーターの皆さんにメッセージをお願いします。

宇佐美貴史
ほんとうに皆さんのお陰でとれた優勝だと思いますし、ほんとに感謝してます。


posted by 日本サッカーサポーター at 04:03 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【G大阪】遠藤保仁の優勝後のインタビュー「何がチームを変えたかよく分からない」

遠藤保仁は優勝後、インタビューに遠藤らしくクールに応じた。


アナウンサー
おめでとうございます

遠藤保仁
ありがとうございます

アナウンサー
少し込み上げるものがありますか?

遠藤保仁
できれば勝って終わりたかったですけど、J2から上がってきて最初のJ1の年で、リーグ制覇をできたというのは、非常に嬉しく思いますし、全員がハードルワークしてくれたお陰だと思います。

アナウンサー
なかなか今日は得点があげられない中でどんなプレーでやっていましたか?

遠藤保仁
どっかでワンチャンスで決めればと思ってました強いゲーム中は最後のほうはパワープレーが多かったですけど、それまでは慌てずに失点しないことを考えながらやってましたけど

アナウンサー
いつも冷静な遠藤選手ですが、残り少なくなって平常心でいられましたか?

遠藤保仁
他会場の結果が分からないので、もちろん点をとっていくという姿勢は、ずっと持ってましたし、ただ、パワープレーばっかりでもとは思ってたので、90分間通して、冷静には戦えたと思いますし、最後ああいう展開になるなるのも、しょうがないかなと思ってます

アナウンサー
優勝を知った瞬間、どういう思いでしたか?

遠藤保仁
できれば笛が鳴った瞬間、喜びたかったですけど、優勝は優勝なのでほんとに支えてくれた方々に感謝したいなと思います。

アナウンサー
一度ガンバで優勝を経験されてますけど、このメンバーでの優勝と言うのは遠藤さんにとってはいかがですか?

遠藤保仁
まぁタイトルはどのタイトルでも嬉しいですし、昨シーズンは悔しい思いをしながら戦ったので、そういう意味では長谷川監督をはじめ、全員がほんとにいい仕事をしたと思っているのでほんとにうれしく思います

アナウンサー
一時は降格圏にいて何が一番チーム変わったんですか?

遠藤保仁
僕もよくわからないです。

アナウンサー
これで三冠に王手です。そこに向けてはどんな思いがありますか?

遠藤保仁
まずはこのリーグ戦で優勝を全員で喜びたいなと思いますし、週末喜びすぎて体調悪くならないようにしたいなとは思ってますし、三冠という可能性がある限りは、それを目指して、次は最高のパフォーマンスを見せて、必ず三冠を達成したいなと思ってます。

アナウンサー
今日は勝って終われなかったと言うのは、天皇杯に向けてどうですか?

遠藤保仁
優勝すれば何でもいいので勝ちたかったっていうのはありますけど、結果的にチャンピオンになれたので十分だと思います。
posted by 日本サッカーサポーター at 03:43 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【G大阪】長谷川健太監督、優勝後のインタビュー「たくましくなった」

ガンバ大阪の長谷川健太監督は優勝後、インタビューに応じた。

アナウンサー
おめでとうございます

長谷川監督
ありがとうございます

アナウンサー
今どんな思いですか?

長谷川監督
勝って終わりたかったですけどね、ハラハラしました最後。最後、ロスタイム入ってから他会場の結果聞いたんで、でも(浦和と鹿島が)負けてるって聞いたんで、とにかく上がるなと話をして、あんまり早く言い過ぎると今度受けちゃうのでその辺が難しかったなと思いますけどとにかく勝ってよかったです。

アナウンサー
試合が終わってレッズの試合が終わったと聞いた時にはどう思いましたが

長谷川監督
そうですね。勝って終わればは もっと最高だったんですけど、まぁでも1年間皆で戦ってきて、こういう結果を得ることができたので、ホッとしてます。

アナウンサー
一時は16位と降格圏にもいましたが、そっからの大逆転、これはイメージされてましたか?

長谷川監督
ほんとに選手たちがよくがんばってくれたと言う風に思いますし、スタッフが1つになってクラブがほんとに支援してくれるとというふうに思いますし、何よりサポーターが苦しい時期本当に応援してくれて、まぁこういう結果になると思っていなかったんですけど、サポーターにプレゼントができてよかったなと思ってます。

アナウンサー
1番の勝因はどこだとお考えですか?

長谷川監督
チームが1つになったと言うことだと思います厳しいゲームが続きましたけどいろんな選手が出てほんとに結果を出してくれて最後ほんとに良いチームに素晴らしいチームになったと思いますので、それが勝因だと思います。

アナウンサー
J2からのスタートでしたが、私たちの表情顔も変わりましたか?

長谷川監督
そうですねーほんとに中断前はまだまだJ2のチームだと言う感じがしましたけど、中断後以降はですね、ほんとにたくましくなったとと言う感じがしました

アナウンサー
これで三冠に大手となりました。如何でしょうか?

長谷川監督
1週間あるんで、しっかり休んでまた次の天皇杯に向けてしっかり準備していきたいなと思ってます。


posted by 日本サッカーサポーター at 03:20 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【Jリーグ】豪雪で中止となった新潟vs柏戦、8日にカシマで開催

Jリーグは6日、同日大雪のために中止となったJ1第34節のアルビレックス新潟vss 柏レイソル戦を8日に19時キックオフで県立カシマサッカースタジアムにて代替開催することが決定したと発表した。

チケットについては6日のチケットは利用できず、全て、払い戻し対応。

払い戻し期間は10日〜26日まで。

8日のチケットは同日10時からローソンチケットで当日券のみ販売される。

販売席種は
ホーム自由席(メインスタンド、バックスタンド、ホームゴール裏)
アウェイ自由席(アウェイゴール裏)で1,000円(税込)。2階席は開放しない。

posted by 日本サッカーサポーター at 01:35 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【U21】タイ・バングラデシュ遠征メンバーを発表

日本サッカー協会(JFA)は5日、U-21日本代表の12月11日から20日までのタイ・バングラデシュ遠征のメンバーとスケジュール、背番号を発表した。

手倉森監督は日本協会を通じて
「今回の活動は一次予選の組み合わせが決まった後の活動で、意識はいよいよスタートという意欲を選手へ刷り込みたいです。
それは、今回選ばれた選手だけでなく、オリンピック年代の選手全員に感じてもらいたいです。
選出したメンバーは、アジア大会メンバーを軸にアンダーカテゴリーと海外組を交えた構成にしました。
この年代の競争意識と軸を太くするための選考です。
遠征メンバーは、オリンピックの成果をあげる可能性を示して欲しいし、今回選出されなかったメンバーも、来年から予選が始まる事に
意識を切らさずにいて欲しいです。
厳しさを覚悟し日本サッカーを発展させる責務を持つ者だけが予選のピッチに立つことができると考えています。」とコメントしている。

スタッフ
監督:手倉森誠(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
コーチ:秋葉忠宏(ザスパクサツ群馬)
GKコーチ:リカルド・ロペス(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)
GKコーチ:浜野征哉(日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ)

選手

GK
18 櫛引政敏(清水エスパルス)
1 牲川歩見(ジュビロ磐田)
21 吉丸絢梓(ヴィッセル神戸)

DF
2 松原健(アルビレックス新潟)
6 山中亮輔(ジェフユナイテッド千葉)
15 亀川諒史(湘南ベルマーレ)
23 奈良竜樹(コンサドーレ札幌)
12 室屋成(明治大)
4 岩波拓(ヴィッセル神戸)
5 植田直通(鹿島アントラーズ)
22 三浦弦太(清水エスパルス)

MF
16 大島僚太(川崎フロンターレ)
3 遠藤航(湘南ベルマーレ)
8 原川力(愛媛FC)
7 矢島慎也(浦和レッズ)
10 中島翔哉(FC東京)
17 豊川雄太(鹿島アントラーズ)
20 井手口陽介(ガンバ大阪)

FW
14 荒野拓馬(コンサドーレ札幌)
11 久保裕也(BSCヤングボーイズ/スイス)
9 鈴木武蔵(アルビレックス新潟)
19 浅野拓磨(サンフレッチェ広島)
13 南野拓実(セレッソ大阪)

なお、久保裕也はBSCヤングボーイズの公式戦出場後、13日午後からチームへ合流する予定となっている。

スケジュール
11日 PM トレーニング
12日 AM・PM トレーニング
13日 AM・PM トレーニング
14日 U-21タイ代表と国際親善試合(18時30分から)
15日 AM トレーニング
16日 PM トレーニング
17日 PM トレーニング
18日 バングラデシュ代表と国際親善試合(17時から)
posted by 日本サッカーサポーター at 00:10 | TrackBack(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
↑応援クリックお願いします

過去ログ
2020年05月(1)
2016年04月(1)
2015年07月(3)
2015年06月(8)
2015年05月(26)
2015年04月(59)
2015年01月(125)
2014年12月(612)
2014年11月(427)
2014年10月(352)
2014年09月(320)
2014年08月(314)
2014年07月(202)
2014年06月(371)
2014年05月(330)
2014年04月(390)
2014年03月(165)
2014年02月(56)
2014年01月(48)
2013年12月(20)
2013年11月(69)
2013年10月(61)
2013年09月(4)
2013年08月(3)
2013年07月(3)
2013年06月(2)
2013年05月(1)
2013年04月(6)
アクセスカウンター
アクセスアップ
タグクラウド
1. FSVマインツ05 AC長野パルセイロ AC長野パルセイロレディース AFC U-19選手権 AFCチャンピオンズリーグ ASエルフェン埼玉 ASハリマアルビオン A代表 BECテロ・サーサナFC CSKAモスクワ FCケルン FC今治 FC吉備国際大学シャルム FC岐阜 FC東京 FC琉球 FC町田ゼルビア FIFA FIFAランキング FOOT BRAIN FSVフランクフルト Fリーグ inac神戸 INAC神戸レオネッサ INAC神戸レネッサ ISL J1リーグ試合記録 J1昇格プレーオフ J1試合記録 J2試合記録 J3試合記録 JFAアカデミー福島 JFL Jリーグ JリーグMVP Jリーグ・アンダー22選抜 Jリーグ優秀選手賞 Jリーグ昇格プレーオフ Jリーグ退団情報 Kリーグ NGU名古屋FCレディース SC相模原 U-13日本女子代表 U-14日本代表 U-15日本代表 U-15日本女子代表 U-17日本代表 U-17日本女子代表 U-18日本代表 U-18日本女子代表 U-19日本代表 U-21日本代表 U-23日本女子代表 VfBシュトゥットガルト V・ファーレン長崎 Y.S.C.C.横浜  Jリーグ なでしこジャパン なでしこジャパン試合記録 なでしこスタッフ退任情報 なでしこリーグ なでしこリーグ試合記録 なでしこ上位リーグ なでしこ引退情報 なでしこ移籍情報 なでしこ退団情報 べガルタ仙台レディース まt やべっちF.C. アジアカップ アジアサッカー連盟 アジア競技大会 アスルクラロ沼津 アダウト アビスパ福岡 アメリカ・ミネイロ アリソン アルビレックス新潟 アルビレックス新潟シンガポール アルビレックス新潟レディース アレックス アンジュヴィオレ広島 アンダー世代日本代表 アンダー世代日本女子代表 アンデルソン アーセナルFC イタリアサッカー連盟 イタリア代表 イラク代表 イラン代表 イルファン イングランドサッカー協会 イングランド代表 インド インドネシア代表 イヴィッツァ・バルバリッチ ウィリアム・エンリケ ウイルソン ウーゴ エウシーニョ エステバン エドゥー エブソン オランダ代表 オーストラリア代表 カイオ カタールワールドカップ カターレ富山 カナダ代表 カマタマーレ讃岐 カミンスキー カルリーニョス ガイナーレ鳥取 ガンバ大阪 ガーナ代表 キリノ キリンチャレンジカップ キルギス代表 ギラヴァンツ北九州 クウェート代表 クラブライセンス クリスティアーノ・ロナウド クリステン・アンネ・ミューズ グルージャ盛岡 コンサドーレ札幌 サウサンプトン サウジアラビア代表 サウルコス福井 サガン鳥栖 サッカースタジアム サポーター制裁 サラ・グレゴリアス サンフレッチェ広島 ザスパクサツ群馬 ザルツブルク シジマール シャルケ04 シュミット・ダニエル シンプリシオ ジウシーニョ ジェシ ジェフユナイテッド千葉 ジェフユナイテッド千葉レディース ジネイ ジネディーヌ・ジダン ジマステラ神奈川相模原 ジャイロ ジャマイカ代表 ジュニーニョ ジュビロ磐田 ジョシュア・ケネディ ジョルジ・ワグネル ジンクス スウェーデン代表 スタッフ契約更新情報 スタッフ就任情報 スタッフ退任情報 ステファノ スペランツァFC大阪高槻 スロベニア代表 ズラタン ズラタン・リュビヤンキッチ セバスティアン・ケール セレッソ大阪 ゼロックススーパーカップ タイ代表 タム・シイアンツン ダニエル ダニエル・ロビーニョ ダヴィ チアゴ チャリティーマッチ チャレンジリーグ チャールトン・アスレティックFC ツエーゲン金沢 テレビ放送 ディエゴ・フォルラン デンマーク・スーペルリーガ デンマーク・スーペルリーガ移籍情報 トロ ドイツ代表 ドゥドゥ ドウグラス ドルトムント ナザリト ナビスコカップ試合記録 ネスレカップ ネパール代表 ネルシーニョ ノジマステラ神奈川相模原 ノミネートゴール ノヴァコヴィッチ ハノーファー96 ハビエル・アギーレ ハーフナー・マイク バイエル04レバークーゼン バヤリッツァ パウリーニョ パウロン パキスタン代表 パトリック パブロ・ヤン・フェレイラ パリ・サンジェルマンFC パレスチナ代表 ピアカイ・ヘンケル ピエール・ベングトソン ピメンテウ ファジアーノ岡山 ファジアーノ岡山ネクスト ファビオ フェアー・モービー フォルラン フットサル日本代表 フラビオ ブエノ ブラウブリッツ秋田 ブラジル代表 ブルーノ・コウチーニョ ブルーノ・ジバウ ブンデスリーガ ブンデスリーガ移籍情報 プレナスチャレンジリーグ プレミアリーグ ヘジス ヘナン ヘルタ・ベルリン ベガルタ仙台 ベガルタ仙台レディース ベストイレブン ベストゴール ベトナム代表 ベネズエラ代表 ペリクレス・シャムスカ ホナウド ホンジュラス代表 ボルシア・ドルトムント ボルジア・ドルトムント ポルトガル代表 ポープ・ウィリアム マッシモ・フィッカデンティ マッツ・フンメルス マテウス マリヤン・プシュニク マルキーニョス・パラナ マルシオリシャルデス マルシオ・リシャルデス マンチェスター・ユナイテッド ミキッチ ミハイロ・ペトロヴィッチ ミロシュ・バヤリツァ ミロシュ・ルス ムルジャ モンテディオ山形 ヤマザキナビスコカップ ヤングなでしこ ヨルダン代表 ラドンチッチ ラフィーニャ ランコ・ポポヴィッチ リトルなでしこ リーガ・エスパニョーラ リーグ・アン ルイス・アルベルト ルーカス レアル・サラゴサ レアル・マドリード レオ・シルバ レナト レノファ山口 レヴィー・クルピ ロアッソ熊本 ヴァンフォーレ甲府 ヴィアティン三重 ヴィッセル神戸 ヴェルスパ大分 丁成勳 三原向平 三原雅俊 三好康児 三宅史織 三村真 三浦文丈 三浦泰年 三浦雄也 三田啓貴 三竿健斗 三都主アレサンドロ 三門雄大 上原慎也 上原拓郎 上尾野辺めぐみ 上形洋介 上村周平 上村崇士 上條宏晃 上田康太 上田悠起 上福元直人 上里一将 下村東美 下田北斗 与那城ジョージ 中原秀人 中原貴之 中国代表 中山博貴 中山雄太 中山雄登 中山雅史 中島康平 中島翔哉 中島裕希 中川寛斗 中村亮太 中村俊輔 中村北斗 中村憲剛 中村有 中村直志 中村祐輝 中村航輔 中村隼 中澤佑二 中田仁司 中田大貴 中町公祐 中美慶哉 中西倫也 中谷進之介 中里崇宏 中野嘉大 中野洋司 中野雅臣 丸山桂里奈 丸山祐市 丸本侑平 丸橋祐介 丸谷拓也 丹治祥庸 丹羽大輝 丹野研太 久保裕也 久富良輔 久永辰徳 乾貴哉 乾貴士 亀川諒史 二川孝広 二瓶翼 二見宏志 五領淳樹 井上亮太 井上裕大 井原正巳 井川祐輔 井手口正昭 井澤惇 京都サンガF.C 京都サンガF.C. 今井昌太 今井晴香 今井智基 今野泰幸 代健司 仲川輝人 伊東純也 伊藤優汰 伊藤宏樹 伊藤洋輝 伊藤純也 伊賀FC 伊賀FCくノ一 似鳥康太 佐々木則夫 佐々木渉 佐々木陽次 佐々木雅人 佐伯真道 佐川印刷京都 佐藤健 佐藤優也 佐藤和弘 佐藤和樹 佐藤晃大 佐藤楓 佐藤由紀彦 作田裕次 保坂のどか 保坂一成 児玉新 児玉潤 入れ替え戦 入場者数 八角剛史 兵藤慎剛 兼田亜季重 内山俊彦 内村俊太 内田恭兵 内田智也 内田篤人 内田裕斗 内田達也 内藤圭佑 内藤洋平 冨士祐樹 冨樫剛一 冨田大介 出場停止 出場記録 刀根亮輔 前園真聖 前川大河 前田和哉 前田尚輝 前田晃一 前田直輝 前田遼一 前野貴徳 加藤千佳 加藤大 加藤弘堅 加藤竜二 加藤順大 加賀健一 勝又慶典 勝矢寿延 北一真 北原佳奈 北川浩史 北川航也 北朝鮮代表 北谷史孝 北野誠 北野貴之 千代反田充 千葉和彦 千葉奏汰 半田武嗣 南野亜里沙 南野拓実 卯木真緒 原一樹 原川力 反町康治 古賀隆一 古邊考功 古部健太 可児壮隆 吉丸絢梓 吉井孝輔 吉井直人 吉岡宏 吉崎弘宣 吉川翔梧 吉武博文 吉満樹 吉濱遼平 吉田孝行 吉田悟 吉田眞紀人 吉田達磨 吉田靖 吉田颯 吉田麻也 吉野峻光 名古屋グランパス 名波浩 呉宰碩 呉承訓 和田拓也 和田昌裕 和田篤紀 喜田拓也 国際サッカー連盟 国際親善試合 園田瑞貴 土屋征夫 土肥洋一 地域リーグ 坂元大希 坂田大輔 坂田良太 坪井慶介 坪内秀介 垣根拓也 城彰二 城後寿 城福浩 堀口龍佑 堀米勇輝 堤俊輔 塩田仁史 塩谷司 増田卓也 増田繁人 増田誓志 多々良敦斗 多田高行 大久保嘉人 大久保裕樹 大分トリニータ 大前元紀 大塚俊介 大塚翔平 大宮アルディージャ 大屋翼 大山啓輔 大岩亮太 大島僚太 大島康樹 大島秀夫 大嶽直人 大木暁 大杉誠人 大槻優平 大橋基史 大武峻 大滝麻未 大熊清 大熊裕司 大町将梧 大石健太 大石明日希 大竹隆人 大西勇輝 大谷尚輝 大谷幸輝 大迫勇也 大迫希 大野忍 大金直樹 天皇杯 天皇杯試合記録 天野恒太 天野純 太田宏介 太田岳志 太田康介 奈良竜樹 契約延長 契約更改情報 契約更新 契約更新情報 奥埜博亮 奥大介 奥山泰裕 奥川雅也 奥田達朗 女子ワールドカップ 妹尾直哉 姜成浩 姜潤求 嫁阪翔太 孫世桓 宇佐美宏和 宇佐美貴史 守田達弥 安川有 安東輝 安田好隆 安田理大 安藤淳 安藤駿介 安達亮 安間貴義 室拓哉 宮下俊 宮内龍太 宮原和也 宮吉拓実 宮崎光平 宮崎智彦 宮崎泰右 宮市亮 宮市剛 宮本亨 宮本樹明 宮本航汰 宮沢正史 宮田直樹 家長昭博 寄特直人 富居大樹 富山貴光 富澤清太郎 富田康仁 富田晋伍 審判員 寺岡真弘 小倉勉 小塚和季 小寺一生 小峯拓也 小島秀仁 小島美玖 小川直毅 小川諒也 小川雄大 小幡純平 小松塁 小林亮 小林伸二 小林康剛 小林弥生 小林悠 小林慎二 小林祐三 小林祐介 小林秀征 小林裕紀 小柳達司 小椋祥平 小澤司 小菊昭雄 小谷健悟 小谷祐喜 小野剛 小野寺建人 小野寺達也 尾本敬 山下達也 山之内優貴 山内晴貴 山口優樹 山口博司 山口真司 山口素弘 山口蛍 山口貴弘 山岸智 山岸範宏 山崎侑輝 山崎凌 山崎雅人 山形辰徳 山本大貴 山本祥輝 山本英臣 山根恵里奈 山田元気 山田大記 山田暢久 山田直輝 山藤健太 山ア雅人 岡大生 岡山湯郷ベル 岡崎亮平 岡崎建哉 岡崎慎司 岡本拓也 岡本昌弘 岡本賢明 岡村和哉 岡根直哉 岡田武元 岡田武瑠 岡西宏祐 岡野洵 岡野雅行 岩下敬輔 岩丸史也 岩丸拓也 岩元颯オリビエ 岩尾憲 岩政大樹 岩舘直 岸田和人 岸野靖之 島田祐輝 島田譲 嶋田慎太郎 嶺岸佳介 川勝博康 川口信男 川島大地 川島永嗣 川崎フロンターレ 川崎裕大 川本良二 川澄奈穂美 川田修平 川田和宏 川邊裕紀 工藤光輝 工藤壮人 市川大祐 市川恵多 市村篤司 常澤聡 常盤木学園高校 常盤聡 幡野貴紀 平井将生 平井晋太郎 平井直人 平尾壮 平尾知佳 平山相太 平岡康裕 平智広 平本一樹 平繁龍一 広瀬健太 庄司悦大 庄司朋乃也 廣井友信 廣永遼太郎 廣瀬浩二 廣田隆治 引退情報 影山雅永 後藤三知 御厨貴文 徳島ヴォルティス 徳永悠平 志村滉 愛媛FC 愛媛fcレディース 戸川健太 戸高弘貴 扇原貴宏 指宿洋史 播戸竜二 文棟柱 斎藤翔太 新中剛史 新井純平 新井辰也 新裕太朗 新里裕之 旗手真也 日テレ・ベレーザ 日本サッカー協会 日本代表 日本代表チャント 日本代表試合記録 日本体育大学 日本体育大学女子サッカー部 日高拓磨 日慶太 早川知伸 旭日旗 昌子源 星野有亮 時久省吾 時崎塁 ゙貴裁 曽我部慶 有田光希 有薗真吾 有馬賢二 服部年宏 望月理人 望月達也 木和田匡 木島徹也 木暮郁哉 木村敦志 木村祐志 木村稔 木谷公亮 末吉隼也 本田圭佑 本田拓也 本間勲 朴台洪 杉山力裕 杉山新 杉本健勇 杉本大地 杉本拓也 杉本真 杉浦恭平 李勇載 李周泳 李大憲 李昊乗 李栄直 李根鎬 李記帝 村上和弘 村井満 村山智彦 村松大輔 村田一弘 村田達哉 東京ヴェルディ 東口順昭 東慶悟 東浩史 松も山雅FC 松下年宏 松下純土 松下裕樹 松原修平 松原健 松原后 松原直哉 松尾昇悟 松岡亮輔 松本大輝 松本山雅FC 松本怜大 松本拓也 松本昌也 松本浩幸 松本祐樹 松橋優 松永英機 松波正信 松浦拓弥 松田岳夫 板倉滉 林堂眞 林容平 林瑞輝 林ア萌維 枝村匠馬 柏レイソル 柏木陽介 柏瀬暁 染矢一樹 染谷悠太 柱谷哲二 柱谷幸一 柳下正明 柳川雅樹 柳沢敦 柴原誠 柴咲岳 柴崎岳 柴崎晃誠 柴崎邦博 柴田隆太朗 柿本健太 柿谷曜一朗 栃木SC 栗原勇蔵 栗山直樹 桝田雄太郎 梁勇基 梅村晴貴 梶川諒太 棗佑喜 森下仁之 森下俊 森保一 森保翔平 森勇介 森安洋文 森岡亮太 森川泰臣 森本貴幸 森泰次郎 森田真司 森英次郎 森重真人 椋原健太 植田直通 植田龍仁朗 椎名一馬 楠元秀真 楠神順平 樋口寛規 樋口靖洋 権田修一 横山久美 横山知伸 横浜FC 横浜FM 横浜Fマリノス 横浜F・マリノス 横谷繁 横野純貴 橋本拳人 橋本晃司 橋本英郎 橋爪勇樹 權韓眞 欧州チャンピオンズリーグ 武井択也 武内大 武富孝介 武藤嘉紀 武藤覚 武藤雄樹 比嘉厚平 氏家英行 水島武蔵 水戸ホーリーホック 水木将人 水本裕貴 水永翔馬 水沼宏太 水谷拓磨 水谷雄一 水野晃樹 水野泰輔 永井建成 永坂勇人 永島悠史 永田亮太 永芳卓磨 永里源気 江後賢一 江角浩司 池田太 池田樹雷人 沖野将基 河井陽介 河本明人 河野諒祐 沼田圭悟 泉澤仁 波戸康広 津田琢磨 浅井俊光 浅野拓磨 浦和レッズ 浦和レッズレディース 浦田延尚 深谷友基 清原翔平 清家貴子 清本拓己 清武弘嗣 清水エスパルス 清水圭介 清水慎太郎 清水慶記 渋谷亮 渡大生 渡辺千真 渡辺広大 渡辺彩香 渡辺毅 渡邉大剛 渡邉将基 渡邉晋 渡部大輔 温井駿斗 湘南ベルマーレ 湯澤洋介 濱田武 瀬倉春陽 瀬口拓弥 瀬川和樹 為田大貴 熊谷駿 片山奨典 片山瑛一 片岡洋介 玉城峻吾 玉林睦実 玉田圭司 現役引退 田中マルクス闘莉王 田中優毅 田中恵太 田中明日菜 田中淳一 田中秀人 田中裕介 田中賢治 田中達也 田中陽子 田中隼磨 田代有三 田口泰士 田坂和昭 田島一樹 田村翔太 田森大己 畑中槙人 畑中美友香 畑尾大翔 畑本時央 當間建文 白星東 白木星 白谷建人 皆川佑介 皇后杯 益子義浩 相樂亨 相澤貴志 相馬崇人 相馬直樹 眞中幹夫 真子秀徳 矢野大輔 石丸清隆 石井健太 石井圭太 石井秀典 石井謙伍 石井雄輔 石原崇兆 石原直樹 石川慧 石川直宏 石川直樹 石川研 石川竜也 石神直哉 石輪聖人 碓井健平 神田夢実 神野卓哉 福元洋平 福岡将太 福島ユナイテッドFC 福村貴幸 福村香奈絵 福森晃斗 福満隆貴 福王忠世 福田俊介 福田健介 秋野央樹 移籍情報 稲垣雄太 稲本潤一 竹内彬 竹原靖和 竹本一彦 竹田忠嗣 笠原昂史 笹原脩平 米本拓司 細貝萌 美尾敦 羽生直剛 興梠慎三 舞行龍ジェームズ 船川琢之介 船津徹也 船越優蔵 芝田貴臣 花井聖 若原智哉 茂木力也 茂木弘人 茂木駿佑 茨田陽生 茶野隆行 荒堀謙次 菅井直樹 菅原太郎 菅沼実 菅澤優衣香 菅野哲也 菅野淳 菊地俊介 菊地光将 菊地直哉 萬代宏樹 薗田淳 藏川洋平 藤井悠太 藤井貴 藤岡浩介 藤春廣輝 藤本主税 藤本康太 藤本淳吾 藤村慶太 藤枝MYFC 藤枝順心高校 藤牧祥吾 藤田征也 蜂須賀孝治 西原誉志 西大伍 西岡謙太 西嶋弘之 西川優大 西川周作 西形浩和 西本雅崇 西村拓真 西村竜馬 西村雄一 西林直輝 西澤代志也 西部洋平 西野朗 西野貴治 角田誠 谷口きくみ 谷口功 谷口博之 谷奥健四郎 豊島幸一 豊田陽平 赤井秀行 赤嶺真吾 趙源熙 車永煥 輿水順雄 辻尾真二 辻正男 近藤祐介 近賀ゆかり 退団情報 通算ゴール 進藤亮佑 遠藤保仁 遠藤純輝 選手・役員登録 選手新加入情報 邊峻範 那須川将大 郡司健太朗 郭熙柱 鄭又榮 鄭大世 鄭容臺 酒井宣福 酒本憲幸 里内猛 重松健太郎 野上結貴 野沢健一 野沢拓也 野澤洋輔 野田紘史 野田裕喜 金久保順 金井大樹 金城クリストファー達樹 金子昌広 金廷錫 金敏赫 金旼弟 金昌洙 金鱸 金民友 金永根 金沢浄 金澤慎 金範容 金鎭鉉 金鎮鉉 金鐘達 鈴木修人 鈴木健仁 鈴木健児 鈴木大輔 鈴木将也 鈴木崇文 鈴木武蔵 鈴木淳 鈴木翼 鈴木規郎 鈴木隆行 鈴木隆雅 鈴木雄太 鈴木雄斗 鍋田亜人夢 鎌田大地 鎌田次郎 鎌田翔雅 鐡戸裕史 長澤徹 長谷川アーリアじゃスール 長谷川健太 長谷川徹 長谷部誠 関口訓充 関憲太郎 関本恒一 関根永悟 阪中澪 阪本将基 阪本翔一朗 阪野豊史 阿久根謙司 阿波加俊太 阿渡真也 阿部伸行 阿部拓馬 阿部翔平 難波宏明 霜田正浩 青山隼 青島雅 青木翔大 青柳麻里鈴 韓国サッカー協会 韓国代表 須藤右介 風間八宏 風間宏希 飯尾一慶 飯田涼 飯田淳平 香城洋平 香川真司 香港代表 駒井善成 高倉麻子 高円宮杯 高准翼 高原直泰 高山薫 高木利弥 高木和道 高木善朗 高木大輔 高木琢也 高木貴弘 高木駿 高本詞史 高松大樹 高橋峻希 高橋祐太郎 高橋祥平 高橋範夫 高橋義希 高瀬優孝 高瀬愛実 高瀬愛美 高野剛 高野耕平 原寿康 鮫島彩 鮫島晃太 鷲田雅一 鹿児島ユナイテッドFC 鹿島アントラーズ 麦倉捺木 黄善洪 黄大俊 黄大城 黄誠秀 黄錫鎬 黒木恭平 黒木聖仁 黒河貴矢 黒津勝 齊藤和樹 齊藤夏美 齋藤学 齋藤翔太 V・ファーレン長崎