↓応援クリックお願いします
 


↑チャント専用アカウント


↑サッカー情報配信用アカウント



2014年11月24日

【Jリーグ】山口博司副審がJ1通算200試合に出場へ

Jリーグは22日、J1第32節でJリーグ担当審判員の山口博司副審がJ1通算副審担当200試合を達成したと発表した。担当したのは山梨中銀スタジアムで行われたヴァンフォーレ甲府vsサンフレッチェ広島F.C.戦。

J1通算副審200試合達成は史上4人目だという。


posted by 日本サッカーサポーター at 23:03 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【藤枝】水島武蔵監督が今季限りで退任へ

藤枝MYFCは23日、水島武蔵監督が今シーズンをもって退任すると発表した。来季の監督は決定次第発表される予定だという。

水島監督は今季から指揮し、藤枝の今季の最終成績は12チーム中11位で勝ち点30、7勝9分16敗、得点36点失点51点得失点-15点であった。
posted by 日本サッカーサポーター at 17:38 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大武峻

氏名:大武峻(おおぶ しゅん)
生年月日:平成4年(1992)11月24日
出身地:福岡県
ポジション:DF
身長/体重:188cm/83kg
経歴:
BUDDY FC - 筑陽学園中学校 - 筑陽学園高等学校 - 福岡大学 - 名古屋グランパスエイト
Twitter:
https://twitter.com/oooobuuuu
フェイスブック:
https://www.facebook.com/shun.oobu
タグ:大武峻
posted by 日本サッカーサポーター at 15:35 | TrackBack(0) | Jリーガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菊地直哉

氏名:菊地直哉(きくち なおや)
ポジション:DF
生年月日:昭和59年(1984)11月24日
身長/体重:181cm/74kg
出身地:静岡市
代表歴:
U-16日本代表、U-17日本代表、U−18日本代表、U−19日本代表、U-20日本代表、アテネオリンピック 日本代表、AFCアジアカップ2011予選 日本代表
経歴:
ジュビロ磐田 - アルビレックス新潟 - ジュビロ磐田 - FCカールツァイス・イェーナ - 大分トリニータ - アルビレックス新潟 - サガン鳥栖
ブログ:
http://naoyakikuchi.cocolog-nifty.com/
タグ:菊地直哉
posted by 日本サッカーサポーター at 15:32 | TrackBack(0) | Jリーガー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【浦和L】後藤三知、年間優勝後にインタビューを応じる

なでしこリーグエキサイティングリーグ、第10節後、敗れながらも年間優勝を決めた浦和レッズレディースの後藤三知はインタビューに応じた。

アナウンサー
年間優勝おめでとうございます

後藤三知
ありがとうございます

アナウンサー
今はどんな気持ちですか?

後藤三知
今の気持ちは今日の試合勝つことができなかったので、悔しい思いはありますけど優勝と言うのはほんとに積み重ねた結果で勝ち取ることができたと思うのでそういったこれまでの積み重ねをできた事に感謝しますしそこはうれしく思います

アナウンサー
悔しい思いもしたシーズンだったと思いますが振り返っていかがでしょうか

後藤三知
そうですねレギュラーシリーズ、優勝のかかった最後のゲームで優勝逃して、ただそういった結果と別のところで自分たちが毎日を積み重ねてきてエキサイティングシリーズもその積み重ねの中でここまで来ることができたと思うので、ほんとに今シーズン分一緒にずっと戦ってくださったサポーターや応援して下さった方々にほんとに感謝の気持ちを伝えたいです

アナウンサー
最後に一言、笑顔でメッセージをお願いします

後藤三知
何とか優勝することができました。でも、まだまだ先が続きまし、私たちはもっとレベルアップして本強くて魅力あるレッズレディースになっていきたいと思いますので、一緒に戦ってもらえたら嬉しいです。ほんとにありがとございました
posted by 日本サッカーサポーター at 15:12 | TrackBack(0) | なでしこリーグ&女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【なでしこ上位第10節】浦和レッドダイヤモンズレディースvsアルビレックス新潟レディースの試合記録

浦和レッドダイヤモンズレディース 0-1 アルビレックス新潟レディース
【得点】
新潟L:大石沙弥香(後半26分)
【審判団】
主審:梶山芙紗子
副審:坊薗真琴、桐原純子

【浦和レッドダイヤモンズレディース】
GK 30 平尾知佳
DF 6 堂園彩乃
DF 25 乗松瑠華
DF 3 高畑志帆
DF 13 和田奈央子
MF 11 後藤三知
MF 18 柴田華絵
MF 5 岸川奈津希
MF 20 加藤千佳 → MF 4 齊藤あかね
FW 10 吉良知夏 → MF 34 長野風花
FW 26 大滝麻未 → FW 31 清家貴子
サブ
GK 1 池田咲紀子
DF 12 石井咲希
DF 23 千葉望愛
MF 14 泊志穂
監督
吉田靖

【アルビレックス新潟レディース】
GK 1 一谷朋子
DF 14 小原由梨愛
DF 3 北原佳奈
DF 25 山本亜里奈
DF 26 小島美玖
MF 16 斎藤友里
MF 5 高橋悠
MF 15 阪口萌乃 → FW 9 山崎円美
MF 10 上尾野辺めぐみ
MF 24 佐伯彩 → MF 20 山田頌子
FW 23 ティファニー・マッカーティー → FW 8 大石沙弥香
サブ
GK 31 高橋智子
DF 6 左山桃子
監督
能仲太司
posted by 日本サッカーサポーター at 14:31 | TrackBack(0) | なでしこリーグ&女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【千葉】救急搬送された森本貴幸、異常無しと診断。

ジェフユナイテッド千葉(ジェフ千葉)は24日、23日に行われたJ2最終節カマタマーレ讃岐戦において負傷し、試合中に救急搬送された森本貴幸について同日中に香川県丸亀市内の病院にて検査をおこない、異常がないと発表した。

森本は
「救急車で運ばれることは想定もしていなかったことなので、自分でも驚いていますが、相手選手も悪気はなくお互いが一生懸命になっていた証拠で、サッカーではよくあることなので仕方ないです。ただ、自分がピッチに倒れているときに、ジェフサポーターやカマタマーレサポーターが僕のコールをずっとし続けてくれていたので、嬉しかったし本当に感謝しています。自分自身、異常はないし元気です。プレーオフに向けてしっかり準備していきたいので、最後までよろしくお願いします。」 とサポーターに感謝するとともにプレーオフへむけて切り替えることを明言した。

なお、チームは讃岐に勝利を収め、プレーオフに3位で進出し、出場チームの関係上、決勝戦からの参戦となっている。
posted by 日本サッカーサポーター at 14:06 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【なでしこ上位第10節】浦和レッドダイヤモンズレディースvsアルビレックス新潟レディースのスタメン

浦和レッドダイヤモンズレディース - アルビレックス新潟レディース
【審判団】
主審:梶山芙紗子
副審:坊薗真琴、桐原純子

【浦和レッドダイヤモンズレディース】
GK 30 平尾知佳
DF 6 堂園彩乃
DF 25 乗松瑠華
DF 3 高畑志帆
DF 13 和田奈央子
MF 11 後藤三知
MF 18 柴田華絵
MF 5 岸川奈津希
MF 20 加藤千佳
FW 10 吉良知夏
FW 26 大滝麻未
サブ
GK 1 池田咲紀子
DF 12 石井咲希
DF 23 千葉望愛
MF 14 泊志穂
MF 4 齊藤あかね
MF 34 長野風花
FW 31 清家貴子
監督
吉田靖

【アルビレックス新潟レディース】
GK 1 一谷朋子
DF 14 小原由梨愛
DF 3 北原佳奈
DF 25 山本亜里奈
DF 26 小島美玖
MF 16 斎藤友里
MF 5 高橋悠
MF 15 阪口萌乃
MF 10 上尾野辺めぐみ
MF 24 佐伯彩
FW 23 ティファニー・マッカーティー
サブ
GK 31 高橋智子
DF 6 左山桃子
MF 20 山田頌子
FW 8 大石沙弥香
FW 9 山崎円美
監督
能仲太司
posted by 日本サッカーサポーター at 13:19 | TrackBack(0) | なでしこリーグ&女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【FOOT BRAIN】西村雄一主審が日本サッカーに提言

西村雄一主審は22日放送の「FOOT BRAIN(フットブレイン)」(日本テレビ系列)の最後に国際主審目線で日本サッカーに必要な事を提言した。

1つ目、アクチュアルプレーイングタイム(実際のプレー時間の事でオフ・ザ・ボールの時間は含まない)を増やす

理由は数多く攻撃を仕掛けることで観客にも楽しんでもらえ、プレーに質が高まることも期待されるからだという。レフリーは時間の浪費を防ぐ為に選手に促してアクチュアルプレーイングタイムを増やすように心がけているという

2。簡単に倒れない

レフリーは倒れた原因がファウルであれば、ファウルと判定する準備があるが、アドバンテージにする準備もできているので、ファウルをされても、それを跳ね除けて前へ行く強い姿勢が今後のサッカーには必要だという。


posted by 日本サッカーサポーター at 04:19 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【FOOT BRAIN】西村雄一主審がW杯で一番緊張した瞬間と主審として重要視していること

西村雄一主審は22日放送の「FOOT BRAIN(フットブレイン)」(日本テレビ系列)でジャッジの基準を語った後、次の話題は西村主審がワールドカップで一番緊張した瞬間の話題となった。

西村主審が一番緊張したのはバニシングスプレーを引いた瞬間だという。西村主審は引く練習を毎日行ったという。

また、ただ引いているだけと思わガチだが、西村主審は選手によって引き方を変えていたという。フリーキックでボール近くに引く際には選手の立ち足とは逆側にスプレーで円形気味に引くという。当然、選手の利き足で引き方は違うという。

このスプレーはレフリーにとっては魔法のスプレーとなったという。その理由はバニシングスプレーで引いたラインを誰も飛び出さなくなり、フリーキックが早く行われ、フェアプレーになったという。

なお、このスプレーは来季からJリーグで使用される予定だという。

続いて、西村主審が重要視していることに話題が移った。西村主審が一番重要視しているのは「気づき」(先を読みパスをもらおうとするフォワードの動きをよく見ること)

西村主審はボールの受けての動きを見逃さないか逃すかでレフリーが動き出せるか動き出せないかが決まるので気づきが必要だという。この他では美しい姿勢を保つ事が必要でバランスボードを愛用しているという。このバランスボードは試合前にも使っているという。
posted by 日本サッカーサポーター at 04:16 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【FOOT BRAIN】西村雄一主審、ミスジャッジとジャッジ基準を語る。「ミスジャッジは必ず起きる」

西村雄一主審は22日放送の「FOOT BRAIN(フットブレイン)」(日本テレビ系列)でブラジルワールドカップ開幕戦でのPK判定の話題の後、平成23年(2011)11月19日放送分での話となった。

西村主審はその放送回でミスジャッジは起こりうると断言したうえで、サッカーというスポーツはミスから成りたっているので、レフリーは出来るだけミスを少なくしてやっていこうという構えでやっているという。

その際にミスジャッジに関しては後から選手に指摘されると素直に認め、謝罪していたという。

ここで話が戻り、ワールドカップでのジャッジ基準の話となった。

サッカーはリーグなどで基準が異なる為にワールドカップでは大会前にDVDがFIFA(国際サッカー連盟)から示され、レフリーのみならず選手や監督も基準を共有しているという。

番組によればJリーグにおいても日本サッカー協会(JFA)から開幕前にメディアにも配られて、基準の共有が行われている。
posted by 日本サッカーサポーター at 04:14 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【FOOT BRAIN】西村雄一主審、W杯でのPK判定を語る

西村雄一主審は22日放送の「FOOT BRAIN(フットブレイン)」(日本テレビ系列)でレフリーらの視点での世界のサッカーの進化に語り、続いてワールドカップ開幕戦ブラジルvsクロアチア戦で物議を呼んだPK判定へと話題が移った。

都並敏史はその場面の感想として
「腕はかかっているが、それほど強く引っ張ていないのにフレッジ(ブラジル代表)が大げさに倒れたので、ファールじゃないと思った」という。

これについて西村主審はファールの定義から語った。ホールディング(相手を抑えること)は行為だけでファールとみなされるが、世間ではあまり知られていないという。

この定義の理由についてはホールディングは相手を掴む意図がないと怒らないからだという。PK判定での場面ではフレッジがシュートを打つというイメージ通りのプレーをクロアチアのロブレンによる左手で抑える行為により、できなかったためにホールディングの判定を下したという。これが仮にボールがより離れていた場合は吹けなかったという。簡単にまとめれば、クロアチアのロブレンのホールディングがあった時点でファウルが成立していたので、大げさかどうかは関係ないという。

その一方でシュミレーションではという疑問については西村主審はシュミレーションのポイントを2つ上げた。

一つは接触がないのにも関わらずファウルを装って倒れる。二つ目は接触を避けられるのも関わらず、接触を作り出してファウルを装う行為の二点を上げた。

PK判定では、それはどちらも該当はしないが、世間では大げさに倒れることをシュミレーションと見なす傾向にあるという。

PK判定でもホールディングを見逃さないために絶妙なポジション変更を行ったという。都並もレフリーの動きまは見てないと語ったが、改めてみると良いポジショニングだという。

その場面でもニアが勝負と考えて、ポジション修正後にホールディングが確認できたという。また角度によれば、ロブレンの左手が見えない場合があり、判定不能(すなわち見逃すこと)となる場合があることもありえたという。

難しいこととして、ワールドカップでは30台のビデオカメラで撮影され、スーパースローリプレイで映像が流されるのでカメラではレフリーから見えない場面が捉えらてしまう事があるという。

しかしレフリーは見えたものを見えた通りに判定するというのを委ねられている立場であるので見えたとおり判定するのがレフリーの役割だという西村主審は考えているという。
posted by 日本サッカーサポーター at 04:10 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【FOOT BRAIN】西村雄一主審、主審という立場から世界のサッカーを語る。「今のサッカーはスピードが上がった」

西村雄一主審は22日放送の「FOOT BRAIN(フットブレイン)」(日本テレビ系列)で審判という立場について語った。

レフリーから見て世界のサッカーはどう進化している!?と議題から入った

西村主審はサッカーのスピードが上がってカウンター狙いのチームが増加しており、各チームにカウンター攻撃に対応できる選手がいるという。

都並敏史からは前回の南アフリカ大会ではポゼッションサッカーの大会だったが今回の大会は一気にタテに早くなったと述べ、選手もタテに素早く動く選手が多いという。

西村主審によればカウンターアタックでは攻撃は外してでもシュートで終わると述べ、日本はサイドチェンジによる攻撃が多いが海外では決めたサイドで最後まで攻撃をやり切るという。また都並は補足としてによれば、サイドチェンジはカウンターを受けやすいが、決めたサイドでの攻撃はカウンターを受けにくいものと述べた。

西村主審によれば、この攻撃スタイルにより審判員はカウンターアタックに対して遅れを取らない動きの練習が増えたという。ワールドカップ期間中もほぼ毎日、選手の協力の下でカウンターの状況を作り、それを毎回追っかけていたという。

追い方についてもゴールキーパーがキャッチした瞬間にトップの選手が走り出すためにレフリーも走りだすという。この傾向はワールドカップ前から現れており、ワールドカップまでにその対策が行われていたらしい。
posted by 日本サッカーサポーター at 02:25 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【Jリーグ】NHK、鳥栖vs浦和戦を全国生放送!

Jリーグは23日、29日に行われるJ1第33節のサガン鳥栖vs浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)戦(14時キックオフ)を全国生放送で中継すると発表した。

また2位のガンバ大阪のヴィッセル神戸戦(同時刻キックオフ)はNHK BS1で録画放送するという。
posted by 日本サッカーサポーター at 00:44 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【Jリーグ】J2第42節のノミネートゴール発表!

Jリーグは23日、J2リーグ戦第42節のノミネートゴールが発表された。

上里一将(コンサドーレ札幌)対ジュビロ磐田戦 得点時間:8分
大久保裕樹(松本山雅FC)対水戸ホーリーホック戦 得点時間:39分
亀川諒史(湘南ベルマーレ)対大分トリニータ戦 得点時間:21分
posted by 日本サッカーサポーター at 00:41 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【Jリーグ】J1昇格プレーオフの対戦カードと日程決定!

Jリーグは23日、J2の最終順位が確定した為に「2014J1昇格プレーオフ」出場チームおよび準決勝の組み合わせが確定したと発表した。

出場チームは3位のジェフユナイテッド千葉、4位のジュビロ磐田、6位のモンテディオ山形と3チームで千葉は
5位のギラヴァンツ北九州はJ1クラブライセンスがないので出場は認められない。

準決勝は11月30日に磐田のホームのヤマハスタジアムで13時から、決勝戦は味の素スタジアムで千葉と磐田vs山形の勝者が12月7日15時30分に対戦する。

テレビ放送はスカパーを除き、決勝戦だけNHK BS1で放映される。
posted by 日本サッカーサポーター at 00:38 | TrackBack(0) | Jリーグ&国内サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
↑応援クリックお願いします

過去ログ
2016年04月(1)
2015年07月(3)
2015年06月(8)
2015年05月(26)
2015年04月(59)
2015年01月(125)
2014年12月(612)
2014年11月(427)
2014年10月(352)
2014年09月(320)
2014年08月(314)
2014年07月(202)
2014年06月(371)
2014年05月(330)
2014年04月(390)
2014年03月(165)
2014年02月(56)
2014年01月(48)
2013年12月(20)
2013年11月(69)
2013年10月(61)
2013年09月(4)
2013年08月(3)
2013年07月(3)
2013年06月(2)
2013年05月(1)
2013年04月(6)
アクセスカウンター
アクセスアップ
タグクラウド
1. FSVマインツ05 AC長野パルセイロ AC長野パルセイロレディース AFC U-19選手権 AFCチャンピオンズリーグ ASエルフェン埼玉 ASハリマアルビオン A代表 BECテロ・サーサナFC CSKAモスクワ FCケルン FC今治 FC吉備国際大学シャルム FC岐阜 FC東京 FC琉球 FC町田ゼルビア FIFA FIFAランキング FOOT BRAIN FSVフランクフルト Fリーグ inac神戸 INAC神戸レオネッサ INAC神戸レネッサ ISL J1リーグ試合記録 J1昇格プレーオフ J1試合記録 J2試合記録 J3試合記録 JFAアカデミー福島 JFL Jリーグ JリーグMVP Jリーグ・アンダー22選抜 Jリーグ優秀選手賞 Jリーグ昇格プレーオフ Jリーグ退団情報 Kリーグ NGU名古屋FCレディース SC相模原 U-13日本女子代表 U-14日本代表 U-15日本代表 U-15日本女子代表 U-17日本代表 U-17日本女子代表 U-18日本代表 U-18日本女子代表 U-19日本代表 U-21日本代表 U-23日本女子代表 VfBシュトゥットガルト V・ファーレン長崎 Y.S.C.C.横浜  Jリーグ なでしこジャパン なでしこジャパン試合記録 なでしこスタッフ退任情報 なでしこリーグ なでしこリーグ試合記録 なでしこ上位リーグ なでしこ引退情報 なでしこ移籍情報 なでしこ退団情報 べガルタ仙台レディース まt やべっちF.C. アジアカップ アジアサッカー連盟 アジア競技大会 アスルクラロ沼津 アダウト アビスパ福岡 アメリカ・ミネイロ アリソン アルビレックス新潟 アルビレックス新潟シンガポール アルビレックス新潟レディース アレックス アンジュヴィオレ広島 アンダー世代日本代表 アンダー世代日本女子代表 アンデルソン アーセナルFC イタリアサッカー連盟 イタリア代表 イラク代表 イラン代表 イルファン イングランドサッカー協会 イングランド代表 インド インドネシア代表 イヴィッツァ・バルバリッチ ウィリアム・エンリケ ウイルソン ウーゴ エウシーニョ エステバン エドゥー エブソン オランダ代表 オーストラリア代表 カイオ カタールワールドカップ カターレ富山 カナダ代表 カマタマーレ讃岐 カミンスキー カルリーニョス ガイナーレ鳥取 ガンバ大阪 ガーナ代表 キリノ キリンチャレンジカップ キルギス代表 ギラヴァンツ北九州 クウェート代表 クラブライセンス クリスティアーノ・ロナウド クリステン・アンネ・ミューズ グルージャ盛岡 コンサドーレ札幌 サウサンプトン サウジアラビア代表 サウルコス福井 サガン鳥栖 サッカースタジアム サポーター制裁 サラ・グレゴリアス サンフレッチェ広島 ザスパクサツ群馬 ザルツブルク シジマール シャルケ04 シュミット・ダニエル シンプリシオ ジウシーニョ ジェシ ジェフユナイテッド千葉 ジェフユナイテッド千葉レディース ジネイ ジネディーヌ・ジダン ジマステラ神奈川相模原 ジャイロ ジャマイカ代表 ジュニーニョ ジュビロ磐田 ジョシュア・ケネディ ジョルジ・ワグネル ジンクス スウェーデン代表 スタッフ契約更新情報 スタッフ就任情報 スタッフ退任情報 ステファノ スペランツァFC大阪高槻 スロベニア代表 ズラタン ズラタン・リュビヤンキッチ セバスティアン・ケール セレッソ大阪 ゼロックススーパーカップ タイ代表 タム・シイアンツン ダニエル ダニエル・ロビーニョ ダヴィ チアゴ チャリティーマッチ チャレンジリーグ チャールトン・アスレティックFC ツエーゲン金沢 テレビ放送 ディエゴ・フォルラン デンマーク・スーペルリーガ デンマーク・スーペルリーガ移籍情報 トロ ドイツ代表 ドゥドゥ ドウグラス ドルトムント ナザリト ナビスコカップ試合記録 ネスレカップ ネパール代表 ネルシーニョ ノジマステラ神奈川相模原 ノミネートゴール ノヴァコヴィッチ ハノーファー96 ハビエル・アギーレ ハーフナー・マイク バイエル04レバークーゼン バヤリッツァ パウリーニョ パウロン パキスタン代表 パトリック パブロ・ヤン・フェレイラ パリ・サンジェルマンFC パレスチナ代表 ピアカイ・ヘンケル ピエール・ベングトソン ピメンテウ ファジアーノ岡山 ファジアーノ岡山ネクスト ファビオ フェアー・モービー フォルラン フットサル日本代表 フラビオ ブエノ ブラウブリッツ秋田 ブラジル代表 ブルーノ・コウチーニョ ブルーノ・ジバウ ブンデスリーガ ブンデスリーガ移籍情報 プレナスチャレンジリーグ プレミアリーグ ヘジス ヘナン ヘルタ・ベルリン ベガルタ仙台 ベガルタ仙台レディース ベストイレブン ベストゴール ベトナム代表 ベネズエラ代表 ペリクレス・シャムスカ ホナウド ホンジュラス代表 ボルシア・ドルトムント ボルジア・ドルトムント ポルトガル代表 ポープ・ウィリアム マッシモ・フィッカデンティ マッツ・フンメルス マテウス マリヤン・プシュニク マルキーニョス・パラナ マルシオリシャルデス マルシオ・リシャルデス マンチェスター・ユナイテッド ミキッチ ミハイロ・ペトロヴィッチ ミロシュ・バヤリツァ ミロシュ・ルス ムルジャ モンテディオ山形 ヤマザキナビスコカップ ヤングなでしこ ヨルダン代表 ラドンチッチ ラフィーニャ ランコ・ポポヴィッチ リトルなでしこ リーガ・エスパニョーラ リーグ・アン ルイス・アルベルト ルーカス レアル・サラゴサ レアル・マドリード レオ・シルバ レナト レノファ山口 レヴィー・クルピ ロアッソ熊本 ヴァンフォーレ甲府 ヴィアティン三重 ヴィッセル神戸 ヴェルスパ大分 丁成勳 三原向平 三原雅俊 三好康児 三宅史織 三村真 三浦文丈 三浦泰年 三浦雄也 三田啓貴 三竿健斗 三都主アレサンドロ 三門雄大 上原慎也 上原拓郎 上尾野辺めぐみ 上形洋介 上村周平 上村崇士 上條宏晃 上田康太 上田悠起 上福元直人 上里一将 下村東美 下田北斗 与那城ジョージ 中原秀人 中原貴之 中国代表 中山博貴 中山雄太 中山雄登 中山雅史 中島康平 中島翔哉 中島裕希 中川寛斗 中村亮太 中村俊輔 中村北斗 中村憲剛 中村有 中村直志 中村祐輝 中村航輔 中村隼 中澤佑二 中田仁司 中田大貴 中町公祐 中美慶哉 中西倫也 中谷進之介 中里崇宏 中野嘉大 中野洋司 中野雅臣 丸山桂里奈 丸山祐市 丸本侑平 丸橋祐介 丸谷拓也 丹治祥庸 丹羽大輝 丹野研太 久保裕也 久富良輔 久永辰徳 乾貴哉 乾貴士 亀川諒史 二川孝広 二瓶翼 二見宏志 五領淳樹 井上亮太 井上裕大 井原正巳 井川祐輔 井手口正昭 井澤惇 京都サンガF.C 京都サンガF.C. 今井昌太 今井晴香 今井智基 今野泰幸 代健司 仲川輝人 伊東純也 伊藤優汰 伊藤宏樹 伊藤洋輝 伊藤純也 伊賀FC 伊賀FCくノ一 似鳥康太 佐々木則夫 佐々木渉 佐々木陽次 佐々木雅人 佐伯真道 佐川印刷京都 佐藤健 佐藤優也 佐藤和弘 佐藤和樹 佐藤晃大 佐藤楓 佐藤由紀彦 作田裕次 保坂のどか 保坂一成 児玉新 児玉潤 入れ替え戦 入場者数 八角剛史 兵藤慎剛 兼田亜季重 内山俊彦 内村俊太 内田恭兵 内田智也 内田篤人 内田裕斗 内田達也 内藤圭佑 内藤洋平 冨士祐樹 冨樫剛一 冨田大介 出場停止 出場記録 刀根亮輔 前園真聖 前川大河 前田和哉 前田尚輝 前田晃一 前田直輝 前田遼一 前野貴徳 加藤千佳 加藤大 加藤弘堅 加藤竜二 加藤順大 加賀健一 勝又慶典 勝矢寿延 北一真 北原佳奈 北川浩史 北川航也 北朝鮮代表 北谷史孝 北野誠 北野貴之 千代反田充 千葉和彦 千葉奏汰 半田武嗣 南野亜里沙 南野拓実 卯木真緒 原一樹 原川力 反町康治 古賀隆一 古邊考功 古部健太 可児壮隆 吉丸絢梓 吉井孝輔 吉井直人 吉岡宏 吉崎弘宣 吉川翔梧 吉武博文 吉満樹 吉濱遼平 吉田孝行 吉田悟 吉田眞紀人 吉田達磨 吉田靖 吉田颯 吉田麻也 吉野峻光 名古屋グランパス 名波浩 呉宰碩 呉承訓 和田拓也 和田昌裕 和田篤紀 喜田拓也 国際サッカー連盟 国際親善試合 園田瑞貴 土屋征夫 土肥洋一 地域リーグ 坂元大希 坂田大輔 坂田良太 坪井慶介 坪内秀介 垣根拓也 城彰二 城後寿 城福浩 堀口龍佑 堀米勇輝 堤俊輔 塩田仁史 塩谷司 増田卓也 増田繁人 増田誓志 多々良敦斗 多田高行 大久保嘉人 大久保裕樹 大分トリニータ 大前元紀 大塚俊介 大塚翔平 大宮アルディージャ 大屋翼 大山啓輔 大岩亮太 大島僚太 大島康樹 大島秀夫 大嶽直人 大木暁 大杉誠人 大槻優平 大橋基史 大武峻 大滝麻未 大熊清 大熊裕司 大町将梧 大石健太 大石明日希 大竹隆人 大西勇輝 大谷尚輝 大谷幸輝 大迫勇也 大迫希 大野忍 大金直樹 天皇杯 天皇杯試合記録 天野恒太 天野純 太田宏介 太田岳志 太田康介 奈良竜樹 契約延長 契約更改情報 契約更新 契約更新情報 奥埜博亮 奥大介 奥山泰裕 奥川雅也 奥田達朗 女子ワールドカップ 妹尾直哉 姜成浩 姜潤求 嫁阪翔太 孫世桓 宇佐美宏和 宇佐美貴史 守田達弥 安川有 安東輝 安田好隆 安田理大 安藤淳 安藤駿介 安達亮 安間貴義 室拓哉 宮下俊 宮内龍太 宮原和也 宮吉拓実 宮崎光平 宮崎智彦 宮崎泰右 宮市亮 宮市剛 宮本亨 宮本樹明 宮本航汰 宮沢正史 宮田直樹 家長昭博 寄特直人 富居大樹 富山貴光 富澤清太郎 富田康仁 富田晋伍 審判員 寺岡真弘 小倉勉 小塚和季 小寺一生 小峯拓也 小島秀仁 小島美玖 小川直毅 小川諒也 小川雄大 小幡純平 小松塁 小林亮 小林伸二 小林康剛 小林弥生 小林悠 小林慎二 小林祐三 小林祐介 小林秀征 小林裕紀 小柳達司 小椋祥平 小澤司 小菊昭雄 小谷健悟 小谷祐喜 小野剛 小野寺建人 小野寺達也 尾本敬 山下達也 山之内優貴 山内晴貴 山口優樹 山口博司 山口真司 山口素弘 山口蛍 山口貴弘 山岸智 山岸範宏 山崎侑輝 山崎凌 山崎雅人 山形辰徳 山本大貴 山本祥輝 山本英臣 山根恵里奈 山田元気 山田大記 山田暢久 山田直輝 山藤健太 山ア雅人 岡大生 岡山湯郷ベル 岡崎亮平 岡崎建哉 岡崎慎司 岡本拓也 岡本昌弘 岡本賢明 岡村和哉 岡根直哉 岡田武元 岡田武瑠 岡西宏祐 岡野洵 岡野雅行 岩下敬輔 岩丸史也 岩丸拓也 岩元颯オリビエ 岩尾憲 岩政大樹 岩舘直 岸田和人 岸野靖之 島田祐輝 島田譲 嶋田慎太郎 嶺岸佳介 川勝博康 川口信男 川島大地 川島永嗣 川崎フロンターレ 川崎裕大 川本良二 川澄奈穂美 川田修平 川田和宏 川邊裕紀 工藤光輝 工藤壮人 市川大祐 市川恵多 市村篤司 常澤聡 常盤木学園高校 常盤聡 幡野貴紀 平井将生 平井晋太郎 平井直人 平尾壮 平尾知佳 平山相太 平岡康裕 平智広 平本一樹 平繁龍一 広瀬健太 庄司悦大 庄司朋乃也 廣井友信 廣永遼太郎 廣瀬浩二 廣田隆治 引退情報 影山雅永 後藤三知 御厨貴文 徳島ヴォルティス 徳永悠平 志村滉 愛媛FC 愛媛fcレディース 戸川健太 戸高弘貴 扇原貴宏 指宿洋史 播戸竜二 文棟柱 斎藤翔太 新中剛史 新井純平 新井辰也 新裕太朗 新里裕之 旗手真也 日テレ・ベレーザ 日本サッカー協会 日本代表 日本代表チャント 日本代表試合記録 日本体育大学 日本体育大学女子サッカー部 日高拓磨 日慶太 早川知伸 旭日旗 昌子源 星野有亮 時久省吾 時崎塁 ゙貴裁 曽我部慶 有田光希 有薗真吾 有馬賢二 服部年宏 望月理人 望月達也 木和田匡 木島徹也 木暮郁哉 木村敦志 木村祐志 木村稔 木谷公亮 末吉隼也 本田圭佑 本田拓也 本間勲 朴台洪 杉山力裕 杉山新 杉本健勇 杉本大地 杉本拓也 杉本真 杉浦恭平 李勇載 李周泳 李大憲 李昊乗 李栄直 李根鎬 李記帝 村上和弘 村井満 村山智彦 村松大輔 村田一弘 村田達哉 東京ヴェルディ 東口順昭 東慶悟 東浩史 松も山雅FC 松下年宏 松下純土 松下裕樹 松原修平 松原健 松原后 松原直哉 松尾昇悟 松岡亮輔 松本大輝 松本山雅FC 松本怜大 松本拓也 松本昌也 松本浩幸 松本祐樹 松橋優 松永英機 松波正信 松浦拓弥 松田岳夫 板倉滉 林堂眞 林容平 林瑞輝 林ア萌維 枝村匠馬 柏レイソル 柏木陽介 柏瀬暁 染矢一樹 染谷悠太 柱谷哲二 柱谷幸一 柳下正明 柳川雅樹 柳沢敦 柴原誠 柴咲岳 柴崎岳 柴崎晃誠 柴崎邦博 柴田隆太朗 柿本健太 柿谷曜一朗 栃木SC 栗原勇蔵 栗山直樹 桝田雄太郎 梁勇基 梅村晴貴 梶川諒太 棗佑喜 森下仁之 森下俊 森保一 森保翔平 森勇介 森安洋文 森岡亮太 森川泰臣 森本貴幸 森泰次郎 森田真司 森英次郎 森重真人 椋原健太 植田直通 植田龍仁朗 椎名一馬 楠元秀真 楠神順平 樋口寛規 樋口靖洋 権田修一 横山久美 横山知伸 横浜FC 横浜FM 横浜Fマリノス 横浜F・マリノス 横谷繁 横野純貴 橋本拳人 橋本晃司 橋本英郎 橋爪勇樹 權韓眞 欧州チャンピオンズリーグ 武井択也 武内大 武富孝介 武藤嘉紀 武藤覚 武藤雄樹 比嘉厚平 氏家英行 水島武蔵 水戸ホーリーホック 水木将人 水本裕貴 水永翔馬 水沼宏太 水谷拓磨 水谷雄一 水野晃樹 水野泰輔 永井建成 永坂勇人 永島悠史 永田亮太 永芳卓磨 永里源気 江後賢一 江角浩司 池田太 池田樹雷人 沖野将基 河井陽介 河本明人 河野諒祐 沼田圭悟 泉澤仁 波戸康広 津田琢磨 浅井俊光 浅野拓磨 浦和レッズ 浦和レッズレディース 浦田延尚 深谷友基 清原翔平 清家貴子 清本拓己 清武弘嗣 清水エスパルス 清水圭介 清水慎太郎 清水慶記 渋谷亮 渡大生 渡辺千真 渡辺広大 渡辺彩香 渡辺毅 渡邉大剛 渡邉将基 渡邉晋 渡部大輔 温井駿斗 湘南ベルマーレ 湯澤洋介 濱田武 瀬倉春陽 瀬口拓弥 瀬川和樹 為田大貴 熊谷駿 片山奨典 片山瑛一 片岡洋介 玉城峻吾 玉林睦実 玉田圭司 現役引退 田中マルクス闘莉王 田中優毅 田中恵太 田中明日菜 田中淳一 田中秀人 田中裕介 田中賢治 田中達也 田中陽子 田中隼磨 田代有三 田口泰士 田坂和昭 田島一樹 田村翔太 田森大己 畑中槙人 畑中美友香 畑尾大翔 畑本時央 當間建文 白星東 白木星 白谷建人 皆川佑介 皇后杯 益子義浩 相樂亨 相澤貴志 相馬崇人 相馬直樹 眞中幹夫 真子秀徳 矢野大輔 石丸清隆 石井健太 石井圭太 石井秀典 石井謙伍 石井雄輔 石原崇兆 石原直樹 石川慧 石川直宏 石川直樹 石川研 石川竜也 石神直哉 石輪聖人 碓井健平 神田夢実 神野卓哉 福元洋平 福岡将太 福島ユナイテッドFC 福村貴幸 福村香奈絵 福森晃斗 福満隆貴 福王忠世 福田俊介 福田健介 秋野央樹 移籍情報 稲垣雄太 稲本潤一 竹内彬 竹原靖和 竹本一彦 竹田忠嗣 笠原昂史 笹原脩平 米本拓司 細貝萌 美尾敦 羽生直剛 興梠慎三 舞行龍ジェームズ 船川琢之介 船津徹也 船越優蔵 芝田貴臣 花井聖 若原智哉 茂木力也 茂木弘人 茂木駿佑 茨田陽生 茶野隆行 荒堀謙次 菅井直樹 菅原太郎 菅沼実 菅澤優衣香 菅野哲也 菅野淳 菊地俊介 菊地光将 菊地直哉 萬代宏樹 薗田淳 藏川洋平 藤井悠太 藤井貴 藤岡浩介 藤春廣輝 藤本主税 藤本康太 藤本淳吾 藤村慶太 藤枝MYFC 藤枝順心高校 藤牧祥吾 藤田征也 蜂須賀孝治 西原誉志 西大伍 西岡謙太 西嶋弘之 西川優大 西川周作 西形浩和 西本雅崇 西村拓真 西村竜馬 西村雄一 西林直輝 西澤代志也 西部洋平 西野朗 西野貴治 角田誠 谷口きくみ 谷口功 谷口博之 谷奥健四郎 豊島幸一 豊田陽平 赤井秀行 赤嶺真吾 趙源熙 車永煥 輿水順雄 辻尾真二 辻正男 近藤祐介 近賀ゆかり 退団情報 通算ゴール 進藤亮佑 遠藤保仁 遠藤純輝 選手・役員登録 選手新加入情報 邊峻範 那須川将大 郡司健太朗 郭熙柱 鄭又榮 鄭大世 鄭容臺 酒井宣福 酒本憲幸 里内猛 重松健太郎 野上結貴 野沢健一 野沢拓也 野澤洋輔 野田紘史 野田裕喜 金久保順 金井大樹 金城クリストファー達樹 金子昌広 金廷錫 金敏赫 金旼弟 金昌洙 金鱸 金民友 金永根 金沢浄 金澤慎 金範容 金鎭鉉 金鎮鉉 金鐘達 鈴木修人 鈴木健仁 鈴木健児 鈴木大輔 鈴木将也 鈴木崇文 鈴木武蔵 鈴木淳 鈴木翼 鈴木規郎 鈴木隆行 鈴木隆雅 鈴木雄太 鈴木雄斗 鍋田亜人夢 鎌田大地 鎌田次郎 鎌田翔雅 鐡戸裕史 長澤徹 長谷川アーリアじゃスール 長谷川健太 長谷川徹 長谷部誠 関口訓充 関憲太郎 関本恒一 関根永悟 阪中澪 阪本将基 阪本翔一朗 阪野豊史 阿久根謙司 阿波加俊太 阿渡真也 阿部伸行 阿部拓馬 阿部翔平 難波宏明 霜田正浩 青山隼 青島雅 青木翔大 青柳麻里鈴 韓国サッカー協会 韓国代表 須藤右介 風間八宏 風間宏希 飯尾一慶 飯田涼 飯田淳平 香城洋平 香川真司 香港代表 駒井善成 高倉麻子 高円宮杯 高准翼 高原直泰 高山薫 高木利弥 高木和道 高木善朗 高木大輔 高木琢也 高木貴弘 高木駿 高本詞史 高松大樹 高橋峻希 高橋祐太郎 高橋祥平 高橋範夫 高橋義希 高瀬優孝 高瀬愛実 高瀬愛美 高野剛 高野耕平 原寿康 鮫島彩 鮫島晃太 鷲田雅一 鹿児島ユナイテッドFC 鹿島アントラーズ 麦倉捺木 黄善洪 黄大俊 黄大城 黄誠秀 黄錫鎬 黒木恭平 黒木聖仁 黒河貴矢 黒津勝 齊藤和樹 齊藤夏美 齋藤学 齋藤翔太 V・ファーレン長崎
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。