↓応援クリックお願いします
 


↑チャント専用アカウント


↑サッカー情報配信用アカウント



2013年11月17日

オランダ代表ファン・デル・ファールト「日本は過小評価されている」(SOCCER KING)




オランダ代表ファン・デル・ファールト「日本は過小評価されている」
SOCCER KING 11月17日(日)11時59分配信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131117-00148714-soccerk-socc
 
16日に行われた国際親善試合で、日本代表はオランダ代表と2−2で引き分けた。この試合で先制点を決めたMFラファエル・ファン・デル・ファールトは、日本代表への印象をオランダ紙『テレグラーフ』に語っている。

「僕らの後半のプレーはとても酷かった。うんざりした気分だよ」

「日本は後半の戦いぶりを考えるともっと良い結果を得られただろう。彼らは少し過小評価されていると思う。トップレベルの選手が何人かいるし、チームとして非常に良いサッカーをしていた」
posted by 日本サッカーサポーター at 18:18 | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勝ち越しの決定機を外した柿谷「実力不足です」(ゲキサカ)




勝ち越しの決定機を外した柿谷「実力不足です」
25/11/17 03:47 ゲキサカ http://web.gekisaka.jp/407204_128458_fl

[11.16 国際親善試合 日本2-2オランダ ゲンク]

 試合終了後、真っ先に取材エリアに姿を現したFW柿谷曜一朗(C大阪)の顔は、よほど悔しかったのだろう、まだ上気したままだった。

 後半33分。FW香川真司から出たスルーパスは最高のタイミングとコース、球速だった。だが、相手GKと1対1になりながら柿谷が放ったシュートはゴールマウスを捉えることができない。勝ち越しのチャンスをものにできなかった悔しさが、柿谷の表情をこれ以上ないほど険しくさせていた。

―惜しいシュートがあったが?
「そうですね」

―香川が狙いを定めてパスをしていたが?
「ナイスパスでした」

―シュートは?
「いや、見てのとおり」

―GKのプレッシャーを感じた?
「何もないです。実力不足です」

 それでも最後まで何とかチームに点をもたらそうとする必死な姿勢が見て取れたのは、プラス材料だろう。ピッチが悪いにもかかわらず、つなぐことにこだわるGKに激しくプレッシャーをかけ、ミスを誘う場面もあった。

「自分の手応えはまったくないが、チームとしてはしっかり時間帯を考えたプレーをしていたと思う。でも、結果がすべて。次に向けてしっかりコンディションを整えて勝つだけ」

 柿谷は捲土重来を誓った。

(取材・文 矢内由美子)
posted by 日本サッカーサポーター at 11:04 | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆風を団結に変えた日本代表 「自分たちは同じ方向を向いている」(ゲキサカ)




逆風を団結に変えた日本代表 「自分たちは同じ方向を向いている」25/11/17 04:14 ゲキサカ http://web.gekisaka.jp/407206_128459_fl

[11.16 国際親善試合 日本2-2オランダ ゲンク]

 逆風をバネに団結した。3戦全敗に終わったコンフェデレーションズ杯以降、なかなか結果の出ない日本代表に対する論調は徐々に批判の声が強まってきていた。メディアではザッケローニ監督の解任論も飛び出し、監督と選手の意見の不一致や、レギュラー組と控え組のモチベーションの差なども指摘された。そんな不穏なムードを象徴するような光景が、試合前のスタンドに広がった。

「3月まで試合0!?強化プランの見直しを」
「アジア王者の誇りはどこに?」
「日本に伝わる必死さがあるか?」
「日の丸の誇り・重みは?」
「結果を出している国内組より結果・出場をしてない海外組の方が大事?」
「ZACさん海外組が全て?」

 結果の出ないチームを叱咤し、ザッケローニ監督の采配に疑問を投げかけ、日本サッカー協会への不満も訴える数々の横断幕。試合前のウォーミングアップ中に掲げられたサポーターからの“メッセージ”を選手も目にしないはずがなかった。

「まったく気にならないといったら嘘になる」。報道陣から横断幕について聞かれたFW岡崎慎司(マインツ)はそう切り出し、思いを打ち明けた。

「まったく気にならないといったら嘘になるけど、自分たちはチームとして揺るがない結束があるし、それはサポーターも同じ気持ちだと僕は思っている」

 日本代表に勝ってほしいからこそ、W杯での好成績を期待しているからこその叱咤激励。「ああいうことを書かれても、みんなW杯で勝ちたいという思いは一緒だと思うので、その気持ちを自分たちがプレーで表現すればいいだけ。不安は感じなかったし、いい方向にいけばみんな賛同してくれるので、僕らはプレーで表現すればいいと思っていた」。オランダ相手に良いサッカー、良い結果を出すことで、その声に応えたい。試合前の“異常事態”が、選手の闘志をより一層かき立てたのは間違いない。

 選手の結束、チームの団結力。その重要性は、10年の南アフリカW杯を経験している岡崎自身、だれよりも痛感している。12年ぶりの国際Aマッチ4連敗で臨んだ南アフリカW杯。どん底状態だったチームは事前キャンプ地のスイス・サースフェーで選手ミーティングを行い、チームは一つの方向にまとまり、自国開催以外のW杯で初のベスト16進出を果たした。

「僕は前回のW杯前にもこういうことを経験している。前回のときの結束には僕も生で参加していたし、目の前で見てきたので、そういうのをつないでいく人間になっていきたい」

 チームの戦術変更もあり、南アフリカW杯直前まで1トップのレギュラーを務めていた岡崎は本大会では控えに甘んじた。先発を外され、南アフリカW杯の4試合はいずれも途中出場。拭い切れない悔しさを味わいながらも、だからこそチームが一つになることの大切さを身を持って体感した男の言葉には説得力がこもる。

「それはこれからも一緒で、このたった1試合で自分たちの目指すものは変わらないし、結束力を大事にしたい。何を言われても自分たちは同じ方向を向いていると思っているし、それはサポーターも一緒だと思う。日本国民が応援してくれていると思っているし、自分たちはプレーで表現することで日本代表はつながっていると思う」

 試合内容や結果よりも、チームの進むべき道があらためて見えたことがオランダ戦の最大の収穫かもしれない。キャプテンのMF長谷部誠(ニュルンベルク)は言う。「今日はオランダと引き分けたというより、チーム全体が同じ意識を持って戦えたところに意味がある。でも、これを継続していかないと意味はない」。次戦は中2日で19日にベルギーと対戦する。「どん底だったとは思っていなかったけど、やはりうまくいかないという意識があったからこそ、ジャンプするときがある。そういう意味でまだ1試合。次の試合が重要になる」と力を込めた。

(取材・文 西山紘平)
posted by 日本サッカーサポーター at 10:13 | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川、遠藤らをベンチスタート、スタメンを変更したザック「狙いは2つあった」(ゲキサカ)




香川、遠藤らをベンチスタート、スタメンを変更したザック「狙いは2つあった」
13/11/17 00:02 ゲキサカ http://web.gekisaka.jp/407192_128449_fl

[11.16 国際親善試合 日本2-2オランダ ゲンク]

 日本代表は16日、オランダ代表と国際親善試合を行い、2-2で引き分けた。日本は19日にもベルギー代表と国際親善試合を行う。

 スターティングメンバーが発表されると、いつもいるはずの背番号10と背番号7の名前がなかった。アルベルト・ザッケローニ監督は、格上オランダとのテストマッチに新たなメンバーを試すことを選択した。

「狙いは2つあった。新しい選手をためしてどこまでできるのかを図るというところと、チームとしてどこまできるかというところをこの試合で試したかった。新しい選手たちも非常にいい活躍をしたと思うし、チームのプレーに関してもスムーズに攻守が上手にできたと思う」

 結果的に1トップで起用したFW大迫勇也が1得点で結果を残し、遠藤保仁に代わってMF長谷部誠とダブルボランチを組んだMF山口螢は攻守に躍動。試合が進むにつれ連携も取れだし、後半はオランダを圧倒する内容を見せた。

 ザッケローニ監督も「今日の試合に関しては結果はそんなに大切じゃなかった」としながたらも、「満足できる内容だったと思っていますし、最後のところでかなり攻撃も機能していた。内容的には満足いく内容だった」と手ごたえを口にしていた。
posted by 日本サッカーサポーター at 00:39 | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

火花散るマッチアップ、長友「ロッベンには負けたくなかった」(ゲキサカ)




火花散るマッチアップ、長友「ロッベンには負けたくなかった」
13/11/16 23:46 ゲキサカ http://web.gekisaka.jp/407190_128448_fl

[11.16 国際親善試合 日本2-2オランダ ゲンク]

 日本代表は16日、オランダ代表と国際親善試合を行い、2-2で引き分けた。日本は19日にもベルギー代表と国際親善試合を行う。

「知らない」と言われたからには、嫌でも覚えさせるしかない。「ロッベンには負けたくなかったし、本当に強い気持ちで入った」。インテルで日本代表で不動の左サイドに君臨する長友がMFアリエン・ロッベンとの火花散るマッチアップを続けた。何度も体をぶつけ、ロッベンの突破を止めてみせた。

 ただ前半38分に長友のサイドから中に切り込まれ失点。これにはさすがの長友も「チャンスをしっかりものにするところは、やっぱり世界トップレベルだなと感じた。まだまだ僕も実力が足りないなと感じます」と脱帽するしかなかった。

 しかし内容では先月のセルビア遠征とは比べものにならないほど相手を圧倒するものだった。「勝ちたかったですけど、僕たちの気持ちは見せられたんじゃないかなと思う。こういう試合を続けて、みなさんに勝利をプレゼント出来るように、次頑張りたいと思います」。次戦、年内最終戦となるベルギー戦での必勝を誓った。
posted by 日本サッカーサポーター at 00:28 | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

反撃の狼煙あげるゴール、大迫「結果を出すことしか考えてなかった」(ゲキサカ)




反撃の狼煙あげるゴール、大迫「結果を出すことしか考えてなかった」
25/11/16 23:30 ゲキサカ http://web.gekisaka.jp/407189_128447_fl

[11.16 国際親善試合 日本2-2オランダ ゲンク]

 日本代表は16日、オランダ代表と国際親善試合を行い、2-2で引き分けた。日本は19日にもベルギー代表と国際親善試合を行う。

 2点ビハインドで迎えた前半終了間際の44分、MF長谷部誠が高い位置でボールをエリア内に走り込むFW大迫勇也が右足ダイレクトで蹴り込み、後半に望みをつないだ。

「点が取れてなかったので、結果を出すことしか考えてなかった。0-2にされてしまったんですけど、1点取れば分からないと思っていたので、その点が取ることが出来てよかったです」。ゴールを振り返った大迫は、とりあえずの結果を残せたことに安堵した。

 ただ結果的にチームとして勝ちきれなかったことについては、「勝ちきれないところが何か足りないと思うので、勝ちきれるようにもっと力を付けたいです」と話した。

 次戦はFIFAランクでは今日のオランダを上回る5位のベルギーが相手となる。「もう1試合、格上の相手なので、いつも以上の力を出せれば勝利に近づけると思うでので、頑張りたいです」。エースと呼ばれるまで、大迫は結果を残し続ける。
posted by 日本サッカーサポーター at 00:18 | Comment(0) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
↑応援クリックお願いします

過去ログ
2020年05月(1)
2016年04月(1)
2015年07月(3)
2015年06月(8)
2015年05月(26)
2015年04月(59)
2015年01月(125)
2014年12月(612)
2014年11月(427)
2014年10月(352)
2014年09月(320)
2014年08月(314)
2014年07月(202)
2014年06月(371)
2014年05月(330)
2014年04月(390)
2014年03月(165)
2014年02月(56)
2014年01月(48)
2013年12月(20)
2013年11月(69)
2013年10月(61)
2013年09月(4)
2013年08月(3)
2013年07月(3)
2013年06月(2)
2013年05月(1)
2013年04月(6)
アクセスカウンター
アクセスアップ
タグクラウド
1. FSVマインツ05 AC長野パルセイロ AC長野パルセイロレディース AFC U-19選手権 AFCチャンピオンズリーグ ASエルフェン埼玉 ASハリマアルビオン A代表 BECテロ・サーサナFC CSKAモスクワ FCケルン FC今治 FC吉備国際大学シャルム FC岐阜 FC東京 FC琉球 FC町田ゼルビア FIFA FIFAランキング FOOT BRAIN FSVフランクフルト Fリーグ inac神戸 INAC神戸レオネッサ INAC神戸レネッサ ISL J1リーグ試合記録 J1昇格プレーオフ J1試合記録 J2試合記録 J3試合記録 JFAアカデミー福島 JFL Jリーグ JリーグMVP Jリーグ・アンダー22選抜 Jリーグ優秀選手賞 Jリーグ昇格プレーオフ Jリーグ退団情報 Kリーグ NGU名古屋FCレディース SC相模原 U-13日本女子代表 U-14日本代表 U-15日本代表 U-15日本女子代表 U-17日本代表 U-17日本女子代表 U-18日本代表 U-18日本女子代表 U-19日本代表 U-21日本代表 U-23日本女子代表 VfBシュトゥットガルト V・ファーレン長崎 Y.S.C.C.横浜  Jリーグ なでしこジャパン なでしこジャパン試合記録 なでしこスタッフ退任情報 なでしこリーグ なでしこリーグ試合記録 なでしこ上位リーグ なでしこ引退情報 なでしこ移籍情報 なでしこ退団情報 べガルタ仙台レディース まt やべっちF.C. アジアカップ アジアサッカー連盟 アジア競技大会 アスルクラロ沼津 アダウト アビスパ福岡 アメリカ・ミネイロ アリソン アルビレックス新潟 アルビレックス新潟シンガポール アルビレックス新潟レディース アレックス アンジュヴィオレ広島 アンダー世代日本代表 アンダー世代日本女子代表 アンデルソン アーセナルFC イタリアサッカー連盟 イタリア代表 イラク代表 イラン代表 イルファン イングランドサッカー協会 イングランド代表 インド インドネシア代表 イヴィッツァ・バルバリッチ ウィリアム・エンリケ ウイルソン ウーゴ エウシーニョ エステバン エドゥー エブソン オランダ代表 オーストラリア代表 カイオ カタールワールドカップ カターレ富山 カナダ代表 カマタマーレ讃岐 カミンスキー カルリーニョス ガイナーレ鳥取 ガンバ大阪 ガーナ代表 キリノ キリンチャレンジカップ キルギス代表 ギラヴァンツ北九州 クウェート代表 クラブライセンス クリスティアーノ・ロナウド クリステン・アンネ・ミューズ グルージャ盛岡 コンサドーレ札幌 サウサンプトン サウジアラビア代表 サウルコス福井 サガン鳥栖 サッカースタジアム サポーター制裁 サラ・グレゴリアス サンフレッチェ広島 ザスパクサツ群馬 ザルツブルク シジマール シャルケ04 シュミット・ダニエル シンプリシオ ジウシーニョ ジェシ ジェフユナイテッド千葉 ジェフユナイテッド千葉レディース ジネイ ジネディーヌ・ジダン ジマステラ神奈川相模原 ジャイロ ジャマイカ代表 ジュニーニョ ジュビロ磐田 ジョシュア・ケネディ ジョルジ・ワグネル ジンクス スウェーデン代表 スタッフ契約更新情報 スタッフ就任情報 スタッフ退任情報 ステファノ スペランツァFC大阪高槻 スロベニア代表 ズラタン ズラタン・リュビヤンキッチ セバスティアン・ケール セレッソ大阪 ゼロックススーパーカップ タイ代表 タム・シイアンツン ダニエル ダニエル・ロビーニョ ダヴィ チアゴ チャリティーマッチ チャレンジリーグ チャールトン・アスレティックFC ツエーゲン金沢 テレビ放送 ディエゴ・フォルラン デンマーク・スーペルリーガ デンマーク・スーペルリーガ移籍情報 トロ ドイツ代表 ドゥドゥ ドウグラス ドルトムント ナザリト ナビスコカップ試合記録 ネスレカップ ネパール代表 ネルシーニョ ノジマステラ神奈川相模原 ノミネートゴール ノヴァコヴィッチ ハノーファー96 ハビエル・アギーレ ハーフナー・マイク バイエル04レバークーゼン バヤリッツァ パウリーニョ パウロン パキスタン代表 パトリック パブロ・ヤン・フェレイラ パリ・サンジェルマンFC パレスチナ代表 ピアカイ・ヘンケル ピエール・ベングトソン ピメンテウ ファジアーノ岡山 ファジアーノ岡山ネクスト ファビオ フェアー・モービー フォルラン フットサル日本代表 フラビオ ブエノ ブラウブリッツ秋田 ブラジル代表 ブルーノ・コウチーニョ ブルーノ・ジバウ ブンデスリーガ ブンデスリーガ移籍情報 プレナスチャレンジリーグ プレミアリーグ ヘジス ヘナン ヘルタ・ベルリン ベガルタ仙台 ベガルタ仙台レディース ベストイレブン ベストゴール ベトナム代表 ベネズエラ代表 ペリクレス・シャムスカ ホナウド ホンジュラス代表 ボルシア・ドルトムント ボルジア・ドルトムント ポルトガル代表 ポープ・ウィリアム マッシモ・フィッカデンティ マッツ・フンメルス マテウス マリヤン・プシュニク マルキーニョス・パラナ マルシオリシャルデス マルシオ・リシャルデス マンチェスター・ユナイテッド ミキッチ ミハイロ・ペトロヴィッチ ミロシュ・バヤリツァ ミロシュ・ルス ムルジャ モンテディオ山形 ヤマザキナビスコカップ ヤングなでしこ ヨルダン代表 ラドンチッチ ラフィーニャ ランコ・ポポヴィッチ リトルなでしこ リーガ・エスパニョーラ リーグ・アン ルイス・アルベルト ルーカス レアル・サラゴサ レアル・マドリード レオ・シルバ レナト レノファ山口 レヴィー・クルピ ロアッソ熊本 ヴァンフォーレ甲府 ヴィアティン三重 ヴィッセル神戸 ヴェルスパ大分 丁成勳 三原向平 三原雅俊 三好康児 三宅史織 三村真 三浦文丈 三浦泰年 三浦雄也 三田啓貴 三竿健斗 三都主アレサンドロ 三門雄大 上原慎也 上原拓郎 上尾野辺めぐみ 上形洋介 上村周平 上村崇士 上條宏晃 上田康太 上田悠起 上福元直人 上里一将 下村東美 下田北斗 与那城ジョージ 中原秀人 中原貴之 中国代表 中山博貴 中山雄太 中山雄登 中山雅史 中島康平 中島翔哉 中島裕希 中川寛斗 中村亮太 中村俊輔 中村北斗 中村憲剛 中村有 中村直志 中村祐輝 中村航輔 中村隼 中澤佑二 中田仁司 中田大貴 中町公祐 中美慶哉 中西倫也 中谷進之介 中里崇宏 中野嘉大 中野洋司 中野雅臣 丸山桂里奈 丸山祐市 丸本侑平 丸橋祐介 丸谷拓也 丹治祥庸 丹羽大輝 丹野研太 久保裕也 久富良輔 久永辰徳 乾貴哉 乾貴士 亀川諒史 二川孝広 二瓶翼 二見宏志 五領淳樹 井上亮太 井上裕大 井原正巳 井川祐輔 井手口正昭 井澤惇 京都サンガF.C 京都サンガF.C. 今井昌太 今井晴香 今井智基 今野泰幸 代健司 仲川輝人 伊東純也 伊藤優汰 伊藤宏樹 伊藤洋輝 伊藤純也 伊賀FC 伊賀FCくノ一 似鳥康太 佐々木則夫 佐々木渉 佐々木陽次 佐々木雅人 佐伯真道 佐川印刷京都 佐藤健 佐藤優也 佐藤和弘 佐藤和樹 佐藤晃大 佐藤楓 佐藤由紀彦 作田裕次 保坂のどか 保坂一成 児玉新 児玉潤 入れ替え戦 入場者数 八角剛史 兵藤慎剛 兼田亜季重 内山俊彦 内村俊太 内田恭兵 内田智也 内田篤人 内田裕斗 内田達也 内藤圭佑 内藤洋平 冨士祐樹 冨樫剛一 冨田大介 出場停止 出場記録 刀根亮輔 前園真聖 前川大河 前田和哉 前田尚輝 前田晃一 前田直輝 前田遼一 前野貴徳 加藤千佳 加藤大 加藤弘堅 加藤竜二 加藤順大 加賀健一 勝又慶典 勝矢寿延 北一真 北原佳奈 北川浩史 北川航也 北朝鮮代表 北谷史孝 北野誠 北野貴之 千代反田充 千葉和彦 千葉奏汰 半田武嗣 南野亜里沙 南野拓実 卯木真緒 原一樹 原川力 反町康治 古賀隆一 古邊考功 古部健太 可児壮隆 吉丸絢梓 吉井孝輔 吉井直人 吉岡宏 吉崎弘宣 吉川翔梧 吉武博文 吉満樹 吉濱遼平 吉田孝行 吉田悟 吉田眞紀人 吉田達磨 吉田靖 吉田颯 吉田麻也 吉野峻光 名古屋グランパス 名波浩 呉宰碩 呉承訓 和田拓也 和田昌裕 和田篤紀 喜田拓也 国際サッカー連盟 国際親善試合 園田瑞貴 土屋征夫 土肥洋一 地域リーグ 坂元大希 坂田大輔 坂田良太 坪井慶介 坪内秀介 垣根拓也 城彰二 城後寿 城福浩 堀口龍佑 堀米勇輝 堤俊輔 塩田仁史 塩谷司 増田卓也 増田繁人 増田誓志 多々良敦斗 多田高行 大久保嘉人 大久保裕樹 大分トリニータ 大前元紀 大塚俊介 大塚翔平 大宮アルディージャ 大屋翼 大山啓輔 大岩亮太 大島僚太 大島康樹 大島秀夫 大嶽直人 大木暁 大杉誠人 大槻優平 大橋基史 大武峻 大滝麻未 大熊清 大熊裕司 大町将梧 大石健太 大石明日希 大竹隆人 大西勇輝 大谷尚輝 大谷幸輝 大迫勇也 大迫希 大野忍 大金直樹 天皇杯 天皇杯試合記録 天野恒太 天野純 太田宏介 太田岳志 太田康介 奈良竜樹 契約延長 契約更改情報 契約更新 契約更新情報 奥埜博亮 奥大介 奥山泰裕 奥川雅也 奥田達朗 女子ワールドカップ 妹尾直哉 姜成浩 姜潤求 嫁阪翔太 孫世桓 宇佐美宏和 宇佐美貴史 守田達弥 安川有 安東輝 安田好隆 安田理大 安藤淳 安藤駿介 安達亮 安間貴義 室拓哉 宮下俊 宮内龍太 宮原和也 宮吉拓実 宮崎光平 宮崎智彦 宮崎泰右 宮市亮 宮市剛 宮本亨 宮本樹明 宮本航汰 宮沢正史 宮田直樹 家長昭博 寄特直人 富居大樹 富山貴光 富澤清太郎 富田康仁 富田晋伍 審判員 寺岡真弘 小倉勉 小塚和季 小寺一生 小峯拓也 小島秀仁 小島美玖 小川直毅 小川諒也 小川雄大 小幡純平 小松塁 小林亮 小林伸二 小林康剛 小林弥生 小林悠 小林慎二 小林祐三 小林祐介 小林秀征 小林裕紀 小柳達司 小椋祥平 小澤司 小菊昭雄 小谷健悟 小谷祐喜 小野剛 小野寺建人 小野寺達也 尾本敬 山下達也 山之内優貴 山内晴貴 山口優樹 山口博司 山口真司 山口素弘 山口蛍 山口貴弘 山岸智 山岸範宏 山崎侑輝 山崎凌 山崎雅人 山形辰徳 山本大貴 山本祥輝 山本英臣 山根恵里奈 山田元気 山田大記 山田暢久 山田直輝 山藤健太 山ア雅人 岡大生 岡山湯郷ベル 岡崎亮平 岡崎建哉 岡崎慎司 岡本拓也 岡本昌弘 岡本賢明 岡村和哉 岡根直哉 岡田武元 岡田武瑠 岡西宏祐 岡野洵 岡野雅行 岩下敬輔 岩丸史也 岩丸拓也 岩元颯オリビエ 岩尾憲 岩政大樹 岩舘直 岸田和人 岸野靖之 島田祐輝 島田譲 嶋田慎太郎 嶺岸佳介 川勝博康 川口信男 川島大地 川島永嗣 川崎フロンターレ 川崎裕大 川本良二 川澄奈穂美 川田修平 川田和宏 川邊裕紀 工藤光輝 工藤壮人 市川大祐 市川恵多 市村篤司 常澤聡 常盤木学園高校 常盤聡 幡野貴紀 平井将生 平井晋太郎 平井直人 平尾壮 平尾知佳 平山相太 平岡康裕 平智広 平本一樹 平繁龍一 広瀬健太 庄司悦大 庄司朋乃也 廣井友信 廣永遼太郎 廣瀬浩二 廣田隆治 引退情報 影山雅永 後藤三知 御厨貴文 徳島ヴォルティス 徳永悠平 志村滉 愛媛FC 愛媛fcレディース 戸川健太 戸高弘貴 扇原貴宏 指宿洋史 播戸竜二 文棟柱 斎藤翔太 新中剛史 新井純平 新井辰也 新裕太朗 新里裕之 旗手真也 日テレ・ベレーザ 日本サッカー協会 日本代表 日本代表チャント 日本代表試合記録 日本体育大学 日本体育大学女子サッカー部 日高拓磨 日慶太 早川知伸 旭日旗 昌子源 星野有亮 時久省吾 時崎塁 ゙貴裁 曽我部慶 有田光希 有薗真吾 有馬賢二 服部年宏 望月理人 望月達也 木和田匡 木島徹也 木暮郁哉 木村敦志 木村祐志 木村稔 木谷公亮 末吉隼也 本田圭佑 本田拓也 本間勲 朴台洪 杉山力裕 杉山新 杉本健勇 杉本大地 杉本拓也 杉本真 杉浦恭平 李勇載 李周泳 李大憲 李昊乗 李栄直 李根鎬 李記帝 村上和弘 村井満 村山智彦 村松大輔 村田一弘 村田達哉 東京ヴェルディ 東口順昭 東慶悟 東浩史 松も山雅FC 松下年宏 松下純土 松下裕樹 松原修平 松原健 松原后 松原直哉 松尾昇悟 松岡亮輔 松本大輝 松本山雅FC 松本怜大 松本拓也 松本昌也 松本浩幸 松本祐樹 松橋優 松永英機 松波正信 松浦拓弥 松田岳夫 板倉滉 林堂眞 林容平 林瑞輝 林ア萌維 枝村匠馬 柏レイソル 柏木陽介 柏瀬暁 染矢一樹 染谷悠太 柱谷哲二 柱谷幸一 柳下正明 柳川雅樹 柳沢敦 柴原誠 柴咲岳 柴崎岳 柴崎晃誠 柴崎邦博 柴田隆太朗 柿本健太 柿谷曜一朗 栃木SC 栗原勇蔵 栗山直樹 桝田雄太郎 梁勇基 梅村晴貴 梶川諒太 棗佑喜 森下仁之 森下俊 森保一 森保翔平 森勇介 森安洋文 森岡亮太 森川泰臣 森本貴幸 森泰次郎 森田真司 森英次郎 森重真人 椋原健太 植田直通 植田龍仁朗 椎名一馬 楠元秀真 楠神順平 樋口寛規 樋口靖洋 権田修一 横山久美 横山知伸 横浜FC 横浜FM 横浜Fマリノス 横浜F・マリノス 横谷繁 横野純貴 橋本拳人 橋本晃司 橋本英郎 橋爪勇樹 權韓眞 欧州チャンピオンズリーグ 武井択也 武内大 武富孝介 武藤嘉紀 武藤覚 武藤雄樹 比嘉厚平 氏家英行 水島武蔵 水戸ホーリーホック 水木将人 水本裕貴 水永翔馬 水沼宏太 水谷拓磨 水谷雄一 水野晃樹 水野泰輔 永井建成 永坂勇人 永島悠史 永田亮太 永芳卓磨 永里源気 江後賢一 江角浩司 池田太 池田樹雷人 沖野将基 河井陽介 河本明人 河野諒祐 沼田圭悟 泉澤仁 波戸康広 津田琢磨 浅井俊光 浅野拓磨 浦和レッズ 浦和レッズレディース 浦田延尚 深谷友基 清原翔平 清家貴子 清本拓己 清武弘嗣 清水エスパルス 清水圭介 清水慎太郎 清水慶記 渋谷亮 渡大生 渡辺千真 渡辺広大 渡辺彩香 渡辺毅 渡邉大剛 渡邉将基 渡邉晋 渡部大輔 温井駿斗 湘南ベルマーレ 湯澤洋介 濱田武 瀬倉春陽 瀬口拓弥 瀬川和樹 為田大貴 熊谷駿 片山奨典 片山瑛一 片岡洋介 玉城峻吾 玉林睦実 玉田圭司 現役引退 田中マルクス闘莉王 田中優毅 田中恵太 田中明日菜 田中淳一 田中秀人 田中裕介 田中賢治 田中達也 田中陽子 田中隼磨 田代有三 田口泰士 田坂和昭 田島一樹 田村翔太 田森大己 畑中槙人 畑中美友香 畑尾大翔 畑本時央 當間建文 白星東 白木星 白谷建人 皆川佑介 皇后杯 益子義浩 相樂亨 相澤貴志 相馬崇人 相馬直樹 眞中幹夫 真子秀徳 矢野大輔 石丸清隆 石井健太 石井圭太 石井秀典 石井謙伍 石井雄輔 石原崇兆 石原直樹 石川慧 石川直宏 石川直樹 石川研 石川竜也 石神直哉 石輪聖人 碓井健平 神田夢実 神野卓哉 福元洋平 福岡将太 福島ユナイテッドFC 福村貴幸 福村香奈絵 福森晃斗 福満隆貴 福王忠世 福田俊介 福田健介 秋野央樹 移籍情報 稲垣雄太 稲本潤一 竹内彬 竹原靖和 竹本一彦 竹田忠嗣 笠原昂史 笹原脩平 米本拓司 細貝萌 美尾敦 羽生直剛 興梠慎三 舞行龍ジェームズ 船川琢之介 船津徹也 船越優蔵 芝田貴臣 花井聖 若原智哉 茂木力也 茂木弘人 茂木駿佑 茨田陽生 茶野隆行 荒堀謙次 菅井直樹 菅原太郎 菅沼実 菅澤優衣香 菅野哲也 菅野淳 菊地俊介 菊地光将 菊地直哉 萬代宏樹 薗田淳 藏川洋平 藤井悠太 藤井貴 藤岡浩介 藤春廣輝 藤本主税 藤本康太 藤本淳吾 藤村慶太 藤枝MYFC 藤枝順心高校 藤牧祥吾 藤田征也 蜂須賀孝治 西原誉志 西大伍 西岡謙太 西嶋弘之 西川優大 西川周作 西形浩和 西本雅崇 西村拓真 西村竜馬 西村雄一 西林直輝 西澤代志也 西部洋平 西野朗 西野貴治 角田誠 谷口きくみ 谷口功 谷口博之 谷奥健四郎 豊島幸一 豊田陽平 赤井秀行 赤嶺真吾 趙源熙 車永煥 輿水順雄 辻尾真二 辻正男 近藤祐介 近賀ゆかり 退団情報 通算ゴール 進藤亮佑 遠藤保仁 遠藤純輝 選手・役員登録 選手新加入情報 邊峻範 那須川将大 郡司健太朗 郭熙柱 鄭又榮 鄭大世 鄭容臺 酒井宣福 酒本憲幸 里内猛 重松健太郎 野上結貴 野沢健一 野沢拓也 野澤洋輔 野田紘史 野田裕喜 金久保順 金井大樹 金城クリストファー達樹 金子昌広 金廷錫 金敏赫 金旼弟 金昌洙 金鱸 金民友 金永根 金沢浄 金澤慎 金範容 金鎭鉉 金鎮鉉 金鐘達 鈴木修人 鈴木健仁 鈴木健児 鈴木大輔 鈴木将也 鈴木崇文 鈴木武蔵 鈴木淳 鈴木翼 鈴木規郎 鈴木隆行 鈴木隆雅 鈴木雄太 鈴木雄斗 鍋田亜人夢 鎌田大地 鎌田次郎 鎌田翔雅 鐡戸裕史 長澤徹 長谷川アーリアじゃスール 長谷川健太 長谷川徹 長谷部誠 関口訓充 関憲太郎 関本恒一 関根永悟 阪中澪 阪本将基 阪本翔一朗 阪野豊史 阿久根謙司 阿波加俊太 阿渡真也 阿部伸行 阿部拓馬 阿部翔平 難波宏明 霜田正浩 青山隼 青島雅 青木翔大 青柳麻里鈴 韓国サッカー協会 韓国代表 須藤右介 風間八宏 風間宏希 飯尾一慶 飯田涼 飯田淳平 香城洋平 香川真司 香港代表 駒井善成 高倉麻子 高円宮杯 高准翼 高原直泰 高山薫 高木利弥 高木和道 高木善朗 高木大輔 高木琢也 高木貴弘 高木駿 高本詞史 高松大樹 高橋峻希 高橋祐太郎 高橋祥平 高橋範夫 高橋義希 高瀬優孝 高瀬愛実 高瀬愛美 高野剛 高野耕平 原寿康 鮫島彩 鮫島晃太 鷲田雅一 鹿児島ユナイテッドFC 鹿島アントラーズ 麦倉捺木 黄善洪 黄大俊 黄大城 黄誠秀 黄錫鎬 黒木恭平 黒木聖仁 黒河貴矢 黒津勝 齊藤和樹 齊藤夏美 齋藤学 齋藤翔太 V・ファーレン長崎